【予防の“可能性”】柿渋がコロナ無害化と発表!?買い占め→転売祭りに「またマスゴミがトンチキな見出し作ってやがる」

【予防の“可能性”】柿渋がコロナ無害化と発表!?買い占め→転売祭りに「またマスゴミがトンチキな見出し作ってやがる」

奈良県立医科大学は、果物の渋柿から採れる「柿渋」が新型コロナウイルスを無害化させるという研究結果を発表した。

早速、渋柿の買い占めや転売が始まっているそうだが、報道をよく見ると「無害化の可能性がある」とのこと。誤解を招く見出しに、批判が殺到している。

スポンサードリンク

奈良県立医科大学、柿渋がコロナ無害化と発表!?「予防の可能性がある」

奈良県立医科大(橿原市)の伊藤利洋教授(免疫学)らの研究グループは15日、柿渋の主成分である「柿タンニン」が新型コロナウイルスを無害化することを確認したと発表した。研究成果について特許出願中で、今後製品化を目指す。

実験では、新型コロナウイルスを含んだ液体と唾液が入った試験管に濃度が異なる柿タンニンを加えて10分間置くなどした。その後、感染力のあるウイルスの数を測定したところ、高濃度の柿タンニンを加えた場合は、1万分の1以下に減少した。濃度が低いと、減少幅は小さくなった。

伊藤教授らによると、柿タンニンがウイルス表面のタンパク質にくっつくことでウイルスを無害化している可能性が推測されるが、詳しいメカニズムは不明という。同教授は「人の口腔(こうくう)内で直接証明したものではなく、渋柿を食べれば予防効果があるわけではない」と説明。「今後、予防効果がある製品を目指したい」と話した。

9月16日配信「Yahooニュース」(時事通信)より

柿渋は渋柿を絞って発酵・熟成させたもので、大学は柿タンニンがウイルスの表面に付着し、感染を抑えたのではないかと推察している。

柿渋を使ったアメやガムで口からの感染予防が期待できるとして、奈良医科大は今後、製品化する企業を公募するという。

奈良県は柿の収穫量で全国2位を誇り、奈良の救世主として期待されている。

買い占め→転売開始か

メルカリではすでに柿渋の転売が始まっているそうで、買い占めも時間の問題とみられる。

スポンサードリンク

「あくまで無害化の可能性」マスコミの見出しに批判の声

スポンサードリンク