【炎上】フェミニストてづれも、VRアバターは「女性の私物化」新しい形の人身売買ビジネスと非難→批判受けると「日本はこういう国」と反日ツイート

【炎上】フェミニストてづれも、VRアバターは「女性の私物化」新しい形の人身売買ビジネスと非難→批判受けると「日本はこういう国」と反日ツイート

フェミニストを名乗るツイッターユーザーのてづれも(@re_mon_moji)が、VRアバターは究極の「女性の私物化」とし、「これは新しい形の女性売買ビジネスである。私達は売られている」などと非難した。

これらのツイートに対しては批判が殺到しており、人格攻撃を受けたとし今度は反日ツイートまで始めた。

スポンサードリンク

フェミニストてづれも、VRアバターは「女性の私物化」新しい形の人身売買ビジネスと非難

この後にも、引用リツイートの形でコメントを返信しており

・リアルで生きることに不満を持ったオタク男性たちが美少女になりきるのは、オタク男性たちの“ミソジニーの極み”だと非難

・(VRアバターは)ただのアイコンではなく、己のアイデンティティと同一化しているという点が問題

・売れるから売るという指摘に対しては「売れるからといってなんでも売っていいわけではありません。麻薬や銃が売れるからといって売っていいわけがないでしょう」と反論

・男性から降りたいという声に対しては「なぜ美少女になる必要があるのですか?」と必要性を尋ねた

・VRアバターで手軽に美少女になるのは“消費”だと非難

・女性になりきること自体は問題ないが、女性の体を利用しているのが問題
→VRアバターは誰かの皮を剥いで自分に着させるのと同じ

・VRアバターの話なのに、「3次元を模したもので好き勝手やられたら気分がいいとは思えない」とすり替えようとする

・女性アバターを売買している時点で女性差別

・てづれものアイコンも自身ではないという指摘に対しては「私が所属している属性を持つ存在」と問題ない発言

・障害者に置き換えたとすると、健常者が障害者アバターをまとって障害者のふりをするのは障害者の人格を否定する行為だと非難

「私への容姿・人格攻撃が始まりました。日本はこういう国なんです」

案の定、てづれもには批判が殺到しており、批判は人格攻撃とし、「日本はこういう国」と反日ツイートまで始めた。

「この議論はラブドールの議論と同じ」

その後のツイートでは、この議論はラブドールの議論と同じものだと語った。

スポンサードリンク

荻野稔議員も参戦!

今回の騒動には、オタク議員として知られる荻野稔氏も参戦した。

これらのツイートは、一連のてづれものツイートを批判するものだが、これに対してづれもも反論している。

てづれもにはアバターが実際に女性に見えるとの反論に対しては「表層的にはただの3Dモデルなわけですが、それらを制作し購入して使っている人にとっては『女性』」だと反論した。

▼てづれものツイプロ

ツイートによれば、大学の講師をやっているという。

スポンサードリンク

その他、こんなツイートが話題に!

ついっぷるトレンドには、今回の騒動に関してツイートしたものがいくつかトレンド入りしており、最後にそれを紹介したい。

スポンサードリンク