【正体】米農務省、謎の種14種類を特定「現時点では必ずしも危険または侵襲的なものはない」

【正体】米農務省、謎の種14種類を特定「現時点では必ずしも危険または侵襲的なものはない」

世界で注文していない謎の種が届く被害が相次いでいる問題で、米農務省(USDA)は謎の種を14種類特定したことを報告した。

スポンサードリンク

米農務省、謎の種14種類を特定

米国農務省は、最近、米国中に出現している種子のいくつかを特定しました。

米国農務省は、居​​住者が米国周辺で受け取っている不可解な小包内の14種類の種子を特定したと、省当局者は7月29日に述べました。USDAの動植物衛生検査サービスの副管理者であるOsama El-Lissyは、同省がハイビスカス、ミント、セージなどのハーブや植物として14種を特定したと語った。

(中略)

「マスタード、キャベツ、アサガオ、ミント、セージ、ローズマリー、ラベンダーなどのハーブのほか、ハイビスカスやバラなどの他の種子を含む14種類の種子を特定しました」と副管理官のOsama El-Lissy氏は述べています。 USDAの動植物健康検査サービスのため。

「これはこれまでに収集したサンプルのサブセットにすぎません」と彼は言った。

出典(英語)より

別のソースでは、具体的な品名も記載されている

農務省が報告した、これらの種子のリストは次のとおりです。

ひょうたん
ジニア(ヒャクニチソウ【百日草】?)
メロン
アブラナ属
レタス
甘露(ハネデューメロン?)
きゅうり
かぼちゃ
ズッキーニ
茄子(ナス)
トマト
メロン
チャイニーズレッドアマランス(和名不明)
玉ねぎ
ほうれん草
スペアミント
バラ
朝顔
野の花
松の種子
押しつぶす(かぼちゃ?)
クレマチスの種?
紫芋
ビーツ
コショウ
ポピー(ヒナゲシ?)
クローバー

※カッコ内は間違っている可能性あり

種子は見た目では危険に見えないにもかかわらず、部門は彼らがまだ心配していると報告しています。

「現時点では必ずしも危険または侵襲(侵入し、襲うこと)的なものはありません。しかし、もう一つの懸念は、未知の供給源からの種子が種子伝染病を伝染させる可能性があることです」

農業当局は、研究室が種子の分析を続けていると述べた。

出典(英語)

SNSなどでは、謎の種の正体は触っただけで重度の水膨れや火傷を引き起こす「ジャイアント・ホグウィード」の種と決めつけた書き込みが相次いでいる。しかし、米農務省の報告にはジャイアント・ホグウィードの種はない。不安をあおるデマには注意してほしい。

スポンサードリンク