【中国】謎の種の正体はジャイアント・ホグウィードの種説→デマです

【中国】謎の種の正体はジャイアント・ホグウィードの種説→デマです

世界で注文していない謎の種が届く被害が相次ぐ中、謎の種の正体はジャイアント・ホグウィードという触っただけで酷い皮膚炎を引き起こす危険な植物の種ではないかと、アメリカのSNSを中心に憶測されている。

しかし、これはデマであることをお伝えしたい。

スポンサードリンク

謎の種の正体はジャイアント・ホグウィードの種説

ジャイアント・ホグウィードはセリ科の多年生植物で、和名はバイカルハナウド。アメリカを中心に、ヨーロッパに広がっている。成長すると5mを超えることもある。

樹液には光毒性の物質が含まれており、樹液が皮膚に付着したまま日光を浴びると重度な水膨れや火傷を引き起こし、傷跡は数年間残り続ける。目に入った場合は恒久的な失明の原因となる。

そのため、ジャイアント・ホグウィードを扱う際は防護服と防護眼鏡を着用するなど最新の注意を払う必要がある。また、万が一にも触れてしまった場合には、その部分を洗剤と水で入念に洗い、太陽光に触れないよう数日間保護する必要があるという。

アメリカでは有害植物として指定され、無許可の州移動や輸入が禁止されている。

▼ジャイアント・ホグウィードによる症状

ジャイアント・ホグウィードの種説はデマ!

ジャイアント・ホグウィードの種とされたのはこの黒い種だが、比較すると大きさが違うことが確認できる

大きさはアサガオの種に近く、確実にジャイアント・ホグウィードの種ではない。

スポンサードリンク

ガチでジャイアント・ホグウィードの種なら、もう患者が出ている

仮に、これが本当にジャイアント・ホグウィードの種なら、もう被害者が多数でていてもおかしくない。謎の種が届いたという人は世界中におり、謎の種は7月下旬から騒ぎになっている。また、「開けるな」「触るな」と呼び掛けられているが、そういわれると余計開けて触りたくなるのが人間の性だ。

しかし、これを開けて触った結果、皮膚炎の症状が出たという報告は今のところみられない。したがって、ジャイアント・ホグウィードの種の可能性は低いと思われる。

▼ジャイアント・ホグウィード説がデマだと信じられない人は、こちらもご覧ください

スポンサードリンク