【大炎上】令和納豆、一方的なパスポート取り上げ疑惑に反論!今まで通りとの主張で被害者に謝罪せず批判殺到

【大炎上】令和納豆、一方的なパスポート取り上げ疑惑に反論!今まで通りとの主張で被害者に謝罪せず批判殺到

茨城・水戸市の株式会社納豆が運営する納豆ごはん専門店「令和納豆」がオープンするにあたった開催したクラウドファンディング。このクラウンファンディングは、支援額に応じてさまざまなサービスを受けられ、1万円支援すると納豆ご飯セット永久無料パスポートが進呈される。

そんな永久無料パスポートを一方的に取り上げられたという口コミが1ヶ月前に寄せられ、これが今になって拡散し大炎上している。

この件について、令和納豆は5月23日に言及。一方的にパスポートを取り上げたという書き込みに関しては否定せず、今まで通り利用できると回答。なお、被害者への謝罪については触れておらず、さらに燃え広がる結果となった。

スポンサードリンク

「永久無料パスポートを一方的に取り上げられた」令和納豆の口コミが話題に!

令和納豆のクラウドファンディングで1万円を支援し、納豆ご飯セット永久無料パスポートをゲットしたという人物の書き込み。突然、店員から一方的にパスポートを取り上げられ、その理由が「無料の納豆定食しか頼んでいない」「メールでのアンケートの回答が不誠実だった」の2つが「店と会員の信頼関係が損なわれる行為」と判断され、規約違反になったという。

投稿者は「客と店の信頼関係っていったい何、、、?」と困惑しつつ、「こんな詐欺まがいの店に怒りを感じています」とブチギレ激怒した。

永久無料パスポートを巡っては他にも「他の品目を食べないのであれば今後は利用させない」「7月中にパスポートを届けるという公約を守らない」といった書き込みがされていた。

一方的にパスポートを取り上げたという書き込みについて、令和納豆が反論!

一方的にパスポートを取り上げたという書き込みに関しては否定せず、今まで通り利用できると回答。被害者への謝罪については触れていない。

令和納豆の釈明に対し、リプ欄では「謝罪にもなってないし問題になっている事に対してなんの説明にもなっていない内容の文章」「取り上げられた人には謝罪なし?ここの経営陣は子どもかな?」「取り上げられた人に返さないと誰も納得しないでしょ」など批判が殺到している。

そもそも、令和納豆がクラウドファンディングで規約違反しているとの指摘

スポンサードリンク

令和納豆のクラウドファンディングについて

令和納豆を運営する株式会社納豆が昨年4月に開催。支援金3000円から「限定高級納豆」の提供、「完成祝シークレットパーティ参加チケット」のプレゼント、「納豆ご飯セット永久無料パスポート」の進呈、オープニングセレモニーのテープカット権などさまざまなサービスを受けられる。

▼以下、支援額に応じてサービス

■3000円

納豆ご飯大盤振る舞いセット(限定30個/昨年7月中に提供予定)
限定高級納豆(限定10個/昨年7月中に提供予定)
納豆ポテトチップス10袋(限定100個/昨年7月中に提供予定)

■3300円

限定高級納豆(限定10個)

■5000円

オススメのトッピングを陳列する権利(限定10個/昨年8月中に提供予定)
納豆菌ミルクチョコレート10枚(限定50個/昨年7月中に提供予定)
完成祝シークレットパーティ参加チケット(限定100個/昨年6月中に提供予定)

■6000円

宇宙納豆1パック(限定20個/昨年7月中に提供予定)

■10000円

納豆ご飯セット一生涯無料パスポート(限定1000個/昨年7月中に提供予定)※店舗の納豆が品切れになった場合は使用不可
納豆ご飯セット一生涯無料パスポート(限定100個/昨年7月中に提供予定)

■12500円

納豆ツアー(限定10個/昨年10月中に提供予定)

■100000円

オープニングセレモニーでのテープカット権(限定6個/昨年7月中に提供予定)
開店時にお祝いの胡蝶蘭を店頭に飾ることできる等(昨年7月中に提供予定)

詳細はこちら

このクラウドファンディングは最終的に1228人が支援し、約1千2百万円集まった。

令和納豆を巡っては他にもさまざまな憶測が飛び交っている。こちらに関しては別の記事で取り上げるかもしれない。

スポンサードリンク