【ツイッター】クソリプ防止機能デメリットだらけ!?「デマを指摘できない」「パクツイ報告できない」等問題点多数

  • 2020.05.21
  • IT
【ツイッター】クソリプ防止機能デメリットだらけ!?「デマを指摘できない」「パクツイ報告できない」等問題点多数

ツイッターは5月21日、ツイートに返信できるアカウントを制限できる機能を実装することを発表した。これにより、不適切なリプを排除できるということで利用者の間では「クソリプ防止機能」と呼ばれ、トレンド入りしている。

一見、メリットばかりのクソリプ防止機能だが、実際はデメリットだらけと指摘されている。

スポンサードリンク

ツイッター、クソリプ防止機能を実装!

Twitterは、いま起きていることを見たり、会話をする場所です。しかし、ご自分のツイートに見たくない返信があると、健全な会話をすることが難しくなる場合があります。Twitterでは昨年より、皆さんが始めた会話をもっと管理できるように、ツイートへの返信を非表示にする機能の提供を開始しました。また、より気軽に会話を始められる機能「フリート」をテストしています(現在はブラジルのみ)そして今回新たに、誰が自分のツイートに返信し、会話に参加できるのかを選択できるテストを行なっています。

ツイートする前に、全員が返信(Twitterでのデフォルト設定) 、フォローしている人だけが返信、指定した人だけが返信できるかを選ぶことができるようになります。返信が制限されるツイートにはラベルが付けられ、返信アイコンはグレーアウトされ、返信できないとわかるようになります。返信できない人も、ツイートを見たり、リツイートしたり、コメント付きリツイートしたりすることは可能です。

今のところ、この設定でツイートすることができるのは、iOS、Android、twitter.com用のTwitter利用者のうち限られた方のみです。しかし、この設定がなされた会話は誰でもご覧いただけます。

記事にもあるが、現在この機能を使えるのはテスターに選ばれた一部のユーザーのみ。本格的な実装はまだ先となる。

テスターは、ツイート画面に「すべてのアカウントが返信できます」という項目がある人

スポンサードリンク

テスターに選ばれた人の検証

メリットばかりと思いきや、実際はデメリットだらけ!?

リプできるアカウントを制限することでデマが指摘されずに拡散したり、パクツイの報告ができなくなるなどのデメリットがあるという。クソリプ防止機能を実装するのは、公式アカウントだけでよいという声もみられた。

記事でも触れているが、ツイッターは昨年からリプを任意で非表示にできる機能を実装。そして、今回のクソリプ防止機能の実装でさらに言論統制が進んだ。

▼非表示にされたリプは以下ように表示される

かつては、個人が自由に発信できたツイッター。過度な規制が続き、その栄光の日々は失われてしまった。

スポンサードリンク