【吾峠呼世晴先生】鬼滅の刃作者の性別が女性で炎上はデマだった!

【吾峠呼世晴先生】鬼滅の刃作者の性別が女性で炎上はデマだった!

週刊少年ジャンプで連載されている人気漫画「鬼滅の刃」が5月18日発売の最新号で最終回を迎えた。最終回を迎え、ツイッターでは「鬼滅最終回」がトレンド入り。13万ツイートを超えるなど大きな反響を得ている。

そんな中、作者の吾峠呼世晴先生の性別が女性だったと一部で報じられ、炎上しているという。この件について調べたところ、吾峠呼世晴先生が炎上しているというのはデマだと分かった。

スポンサードリンク

鬼滅の刃作者の性別が女性だったと文春報道


Yahooニュースより

事の発端は5月16日、週刊文春による鬼滅の刃作者は女性だったと報道。記事によると、作者・吾峠呼世晴先生の性別に関してネットでは様々な噂があったが、実際は女性。鬼滅の刃の連載終了のタイミングで実家に帰るのではないかという。

吾峠呼世晴先生が女性で炎上!?

ツイッターの検索窓に、このようなキーワードを入れると「炎上」のサジェストが表示される。ほかにも、「騙された」「がっかり」といったネガティブな単語が並ぶ。

実際にいくつか検索したが、とても炎上しているようには思えない。

▼「鬼滅 女 炎上」

▼「鬼滅 女かよ」

▼「鬼滅 女 騙された」

▼「鬼滅 女性 がっかり」

見ての通り、これらを検索して出てきたツイートは

・吾峠呼世晴先生が女性というだけで炎上しているらしいという内容

・炎上している割に、批判ツイートは全然ないという内容

・批判コメントに対して批判する内容

といったものばかりだった。もし疑問に感じるなら、実際に上記のキーワードで検索してほしい。

5ch、ガルちゃんでも炎上なし

※いずれも上記の文春記事での書き込み

フォロワー間のつながりがあるツイッターでは批判的な書き込みはしにくい観点もあるということで、住民同士のつながりがない5ch、ガルちゃんなどの掲示板、そして掲示板以上に民度が低いと言われるヤフコメもチェックした。しかし、いずれも吾峠呼世晴先生の性別が女性だったということを批判する書き込みは一切みられなかった。

炎上というからには、吾峠呼世晴先生を批判したり、攻撃するような書き込みが飛び交っているはずだ。しかし、全くないということでデマだったということになる。

スポンサードリンク

鬼滅の刃作者が女性だったということより、まだ最終回の方が燃えている

詳しい内容はネタバレになるので伏せるが、鬼滅の刃最終回は賛否両論だったようで、このような批判的書き込みがみられる。ただ、こちらも炎上しているというほど燃えているようには思えない。

鬼滅の刃で炎上するとしたら、鬼滅キッズが迷惑行為を働いたときではないか。

スポンサードリンク