【なぜ】ネコ同士で感染に“百合”

【なぜ】ネコ同士で感染に“百合”

東京大学の河岡義裕教授らの研究チームは、ネコ同士で新型コロナウイルスに感染することを確認。実験で使ったネコからは症状が出なかったという。河岡教授は、ネコから人に感染する可能性は報告例がなく分からないと話す。

これを受け、ツイッターでは「ネコ同士」がトレンド入り。そんな中、「百合」がサジェスト入りしている。ネコ同士と百合の因果関係とは。



ネコ同士でコロナ感染 症状あらわれず

東京大学の河岡義裕教授らの研究チームは、ネコの間で新型コロナウイルスが感染することを確かめた。実験で使った6匹のネコはいずれも症状は出なかった。これまでにも人からネコにうつる可能性が指摘されており、飼いネコを屋外に出している人は注意が必要だ。

米ウィスコンシン大学などとの共同研究の成果で、米臨床医学誌のニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(電子版)に論文が掲載された。

1辺50センチメートル~1メートルのおりにネコを2匹ずつ入れて実験した。一方のネコにだけ人から採取した新型コロナウイルスを接種して感染させ、換気のよい部屋で飼育した。

6日後には全てのおりで、もう一方のネコから新型コロナウイルスを検出し、感染を確認した。それぞれのネコは感染から5~6日たつと、ウイルスを検出できなくなった。ウイルスの量が大幅に減ったためと考えられるという。

河岡教授は「ネコは仲がいいとくっついてじゃれ合う。実験のような環境は実際に起こりえる」と話す。ネコから人に感染する可能性や、ネコが重症化する可能性は「まだ報告例がなく分からない」(河岡教授)。

4月には米ニューヨーク州で、飼いネコが新型コロナウイルスに感染したことが確認された。人からネコに感染する可能性が指摘されている。河岡教授は「新型コロナウイルスに感染した人は飼いネコを外に出さないようにし、あまりネコを触らないようにしてほしい」と言う。

4月には中国の研究チームが、ネコやフェレットは新型コロナウイルスに感染しやすく、イヌなどは感染しにくいとする論文を発表した。人から採取したウイルスを動物に接種し、ウイルスが増えるかを調べた。

5月14日配信「日本経済新聞」より



ネコ同士に「百合」がサジェスト入り

ネコ同士は同性愛用語で「受け」

「ネコ」は同性愛用語で「受け」を意味する。ちなみに「攻め」は「タチ」である。

BL好きの間では、ネコ(受け)同士の絡みは“実質百合”と言われているようだ。