【悲報】新型コロナウイルスが太陽光で不活性化⇒陽キャ「どんどん散歩して、日光浴びなきゃ」「よし!野外フェスだ!」外出自粛を無視する人急増?

【悲報】新型コロナウイルスが太陽光で不活性化⇒陽キャ「どんどん散歩して、日光浴びなきゃ」「よし!野外フェスだ!」外出自粛を無視する人急増?

米国土安全保障省長官の科学技術顧問を務めるウィリアム・ブライアン氏は4月23日、新型コロナウイルスが太陽光によって急速に不活性化するとの研究結果を発表した。夏の間は感染拡大が収まることが期待される。

このニュースに対し、ネットでは「間違って広がると外出する人増えるんじゃ、、」と危惧する声も。案の定、「どんどん散歩して、日光浴びなきゃ」「よし!野外フェスだ!」など夏は積極的に外出しようという書き込みがみられた。

スポンサードリンク

新型コロナウイルスが太陽光で不活性化 米研究

米国土安全保障省長官の科学技術顧問を務めるウィリアム・ブライアン(William Bryan)氏はホワイトハウス(White House)で記者団に対し、「太陽光には、物質の表面と空気中の両方に存在するウイルスを不活性化する作用があるとみられる」と明らかにした。

ブライアン氏は、「温度と湿度にも同様の作用が見られた。温度または湿度、あるいはその両方の上昇は、一般的にウイルスにとって好ましくない」と説明した。

実験は国立生物兵器分析対策センター(NBACC)で実施。ブライアン氏が示した実験結果をまとめたスライドによると、ウイルス量の半減期は、気温21~24度、湿度20%の無孔質の表面で18時間だった。無孔質の表面には、ドアノブやステンレス製品の表面などが含まれる。

しかし、湿度が80%に上昇すると、半減期は6時間に減少し、これに太陽光が加わると、わずか2分にまで減少した。

また、新型ウイルスが空気中に漂うエーロゾルの状態になった場合の半減期は、温度21~24度、湿度20%で1時間だった。これに太陽光が加わると、1分半にまで減少した。

ブライアン氏は、夏のような状況は「感染を減らすことができる環境を生み出すだろう」と結論付けた。しかし、感染が減少しても新型ウイルスが根絶されたわけではなく、ソーシャル・ディスタンシング(対人距離の確保)を求めるガイドラインを全面的に廃止することはできないと警告した。

4月24日配信「AFPBB」より

このニュースに対し、ネットでは「間違って広がると外出する人増えるんじゃ、、」と危惧する声も。案の定、「どんどん散歩して、日光浴びなきゃ」「よし!野外フェスだ!」など夏は積極的に外出しようという書き込みがみられた。

スポンサードリンク

人体が不活性化するわけではない

ブライアン氏によると、夏のような状況は「感染を減らすことができる環境を生み出すだろう」とのことだが、年中気温が高い沖縄やタイなど東南アジアでは感染者が減っていないという指摘もみられた。

また、「太陽光で不活性化とか鬼滅のパクリぢゃん許せない」と、鬼滅ファンが発狂していた。

スポンサードリンク