【デマ】国会議員の給料が来月から月額26万円アップとの情報拡散⇒6年前の記事でした

【デマ】国会議員の給料が来月から月額26万円アップとの情報拡散⇒6年前の記事でした

ツイッターで「月額26万円」がトレンド入りしている。国会議員の給料が5月から月額26万円アップし、年間421万円引き上げられるという情報が拡散したためだ。

しかし、これは6年前に掲載された記事が元となっており、来月から引き上げられるというわけではない。

スポンサードリンク

国会議員の給料が来月から月額26万円アップはデマ!6年前の記事が拡散

スポンサードリンク

新型コロナの感染拡大以降、国会議員の給料が減額しないことに不満を抱く声が散見される

4月8日放送の「グッとラック」に出演した元東京都知事の舛添要一氏は、30万円給付の条件が収入半減などかなり制限されていることについて、「給料減らない人まであげるのか、となるのだろうが、給料減らない典型が国会議員であり、公務員。国会議員は歳費を自分でカットすればいい」などと批判した。

元大阪市長の橋下徹弁護士は、現金30万円給付制度について「給料がびた一文減らない役人や国会議員が考えることの限界だ。彼ら彼女らの給料を半減したら自分事としてやっと血の通った制度を作るだろう」などとツイッターで批判した。

11日放送の「情報7days ニュースキャスター」に出演したビートたけしは、安倍総理が緊急事態宣言の対象地域の全事業者に在宅勤務を促し、出勤者を最低7割減らすよう要請したことについて、「こんなの議員がこんなに多いんだから半分返せよ、金」などと憤慨していた。

このように、国会議員の給料が減額されないことにヘイトが集まっているタイミングで今回のデマが投下され、それに激怒した人たちが拡散してしまったと思われる。

スポンサードリンク