【新型コロナ】ネットフリックスをネタにしたネタバレ広告が面白い!外出自粛を守らせるクリエイティブなアイデア

【新型コロナ】ネットフリックスをネタにしたネタバレ広告が面白い!外出自粛を守らせるクリエイティブなアイデア

ネットフリックスをネタにしたネタバレ広告が面白いと話題になっている。この広告を作ったのは、米・マイアミの広告専門学校「マイアミ・アド・スクール」ドイツ校の学生ら。

ドイツの首都ベルリンでは、すでにロックダウン状態となっており、公共の場を3人以上で出歩いたり、イベントなどは全面禁止され、違反すると罰金が科せられるそうだ。それでも外出する人はいるようで、人々のコロナへの意識を高めようと、この企画を始めたという。

スポンサードリンク

ネットフリックスをネタにしたネタバレ広告が面白い!

※ツイートは、ネタバレ広告を作った学生の1人のもの

左上から「ストレンジャー・シングス」(アメリカのSFホラー)「Love Is Blind」(恋愛リアリティ番組)「ナルコス」(アメリカの犯罪ドラマ)「キングダム」(韓国の時代劇ゾンビスリラー)のネタバレシーンとなっているようだ。

マイアミ・アド・スクール公式インスタには動画が掲載

View this post on Instagram

A post shared by Miami Ad School (@miamiadschool)

動画には、「ウィルスが君を外出から止めないなら、ネタバレが君を止める」というメッセージが書かれているという。

スポンサードリンク

ネットフリックスはこの広告が公式のものではないと否定したが、「クリエイティブなアイデア」と賞賛

スポンサードリンク