【ヤバい】志村けん親友としてグッディ出演のヨネスケ、放送中に尋常じゃない咳か 新型コロナ感染を心配する声

【ヤバい】志村けん親友としてグッディ出演のヨネスケ、放送中に尋常じゃない咳か 新型コロナ感染を心配する声

タレントのヨネスケが3月30日放送の「直撃LIVE グッディ!」に出演。新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった志村けんの10年来の親友として、志村けんの近況などを語った。そんなヨネスケだが、番組放送中に尋常じゃない咳をしていたそうだ。ネットでは、新型コロナではないかと心配する声が寄せられている。

スポンサードリンク

志村けん10年来の親友としてグッディ出演のヨネスケ、放送中に尋常じゃない咳してたとの声

実際に今日のグッディを確認したが、確かに男がちょいちょい咳き込んでいた。ヨネスケが咳き込むシーンはなかったので本人のものかどうかはわからないが、声的にヨネスケである可能性は高い。

スポンサードリンク

ヨネスケは、先月の志村けん誕生日パーティに出席していた

落語家のヨネスケが30日、フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」に生出演。新型コロナウイルスで29日夜に急逝した志村けんさん(享年70)の早すぎる死を悼んだ。

志村さんは2月20日に70歳の誕生日を迎え、中山秀征が音頭をとり、20日に都内の店で恒例の誕生パーティが行われていた。ヨネスケも出席しており、「お元気なんてもんじゃないですよ。スナック、バーみたいなところでやったんですけど、(志村さんは)お酒も飲んで。『古希おめでとう!』『病気だけは気をつけて』と(お祝いした)。だから、まさか、こういう形で、ね…」と驚きを隠せない様子で語った。

志村さんは2016年には肺炎を患った。ヨネスケによると、以前は「ヘビースモーカーでした。タバコは(1日に)2~3箱ぐらい(吸っていた)かな」というが、「ここ4年ほどの(誕生)パーティは吸っていなかった」と肺炎を患っていらい、たばこはやめていたことを明かした。

一方で大好きなお酒はやめることはなかった。2月の誕生会でも「お酒飲んで、食べて、笑ったりして…。それが1カ月で…」と突然の別れに言葉を失っていた。

3月30日配信「Yahooニュース」(デイリースポーツ)より

スポーツ報知によると、志村けんは3月17日にけん怠感があり自宅療養。その後、発熱や咳の症状が出始め、19日は呼吸困難になったという。

ヨネスケが新型コロナに感染していた場合、グッディのスタジオ内に菌がばら撒かれたことになる。とは言え、26日の放送にも出演しているので今更ではある。

スポンサードリンク