【最終回なのに】マギレコ13話、Abema版が作画崩壊しすぎてカオスに

【最終回なのに】マギレコ13話、Abema版が作画崩壊しすぎてカオスに

人気ソシャゲ「マギアレコード」(以下、マギレコ)のアニメが昨夜の放送で13話、最終回を迎えた。ED後にはアニメ第2期の制作が発表された。

そんなマギレコ最終回だが、Abema TVで配信されている映像に作画崩壊が多数確認された。アニメでの作画崩壊はよくあることだが、これはそんなレベルではない。

スポンサードリンク

マギレコ13話(最終回)、Abema版が作画崩壊しすぎ!

1.ゲートを開くやちよ。Abema版では最初のシーン(2枚目の画像)が使い回されているのでない

2.ゴンドラに乗っているやちよといろは。MX版では2人が話すシーンがあるが、Abema版ではいろはだけのシーンとなっている。いろはだけのシーンは後にMX版でもあり、そのタイミングで再度Abema版も同じシーンがある

3.魔女にふっ飛ばされた直後のいろはのアップ。MX版では3秒ほどだが、Abema版では9秒ほど続く

4.魔女を倒した直後のやちよ。MX版では影だけだが、Abema版では姿がしっかり映っている

5.MX版であったホーリーマミの変身シーンがAbema版では別のシーンとなっており、マミのアップがいきなり入る

6.MX版で5丁あった銃がAbema版では1丁に減っている

7.棒立ちするさやか&小さいきゅうべぇ。MX版ではこのシーンは4秒ほどだったが、Abema版ではさらに長く、何度も使い回した上でブラックアウト&砂嵐のトリプルコンボ

8.やちよの服のデザインが、MX版とAbema版で異なる

9.岩に押しつぶされる直前のホーリーマミ。MX版では銃を乱射しているが、Abema版では棒立ちなので非常にシュール

この記事では、マギレコ最終回における作画崩壊のほんの一部を紹介したが、ほかにも

・前後のシーンを使い回す

・シーンがズレている

・特定のシーンが長い

⇒これらによってMXであったはずのシーンがなくなる

・キャラやモノが追加されたり削られたりしている

・ブラックアウト、砂嵐連発

・服や建物などのデザインが違っている

といったシーンがいくつもある。

スポンサードリンク

Abemaだけでなく、とちぎテレビや群馬テレビでも同様の作画崩壊が報告されている

調べた限り、MXを含む他の放送局も作画崩壊することなく放映されたそうだ。

スポンサードリンク