【草】コロハラに「ナリ」「かわいい」謎サジェスト コロプラに風評被害も

【草】コロハラに「ナリ」「かわいい」謎サジェスト コロプラに風評被害も

新型コロナウイルスが感染拡大する中、新型コロナハラスメント(コロハラ)という新たなハラスメントが問題となっている。コロハラの実態とは?

また、ツイッターの検索窓に「コロハラ」と入力すると、「草」「ナリ」「かわいい」といったサジェストがヒットする。さらに、オンラインゲームの開発・運営を行う「コロプラ」への風評被害も広がっている。

スポンサードリンク

コロハラが急増!せきやくしゃみしただけで「お前コロナだろ!会社に来るな」

具体的にどんなことを言われた?

・喘息を患い、職場で咳が出てしまった。マスクはしていたし、上司も喘息であることは知っていた。しかし、上司から「周囲を不安にさせたから謝罪するように」と迫られている

・感染者が確認された町から通勤しているというだけで、「あいつも(新型)コロナかもしれない」と周囲から距離を置かれた

・花粉症でくしゃみをしただけで、「お前、(新型)コロナだろ。会社に来るな」と同僚に言われた

村松由紀子弁護士「『他者に対する発言・行動等が相手を不快にさせたり、尊厳を傷つけたり、不利益を与えたり、脅威を与えること』をハラスメントと言います。これらの内容は全てが、ご本人を不快にさせたり、尊厳を傷つけたりしていることは間違いないので、全てハラスメントに当たることは間違いありません」

■コロハラ発言の法的責任は?

・例えば、『「あいつも(新型)コロナかもしれない」と周囲から距離を置かれた』というのはハラスメントではありますし、名誉棄損等も考えられる

・一方、相手が『謝罪するように』『会社に来るな』と単に言うだけではなく、それを執拗に迫るのであれば、態様によっては『義務のないことを行わせ』として刑法の強要罪が成立しえる

Q.沖縄県では、風邪などで体調を崩して休んでいた従業員に対し、新型コロナウイルスに感染していないという「陰性証明書」を出せと迫った事業所があったそうです。県ではやめるように注意喚起していますが、これもハラスメントにあたるのでしょうか
A.「『新型コロナウイルスの陰性証明書』を出せと迫るのも、医療機関等で陰性証明書は出せないですし、ハラスメントに当たることは間違いありませんので、そのような目に遭われた場合は、同様に労働基準監督署等に相談すべきでしょう」

3月6日配信「ライブドアニュース」(弁護士ドットコム)より

スポンサードリンク

そんなコロハラに「草」「ナリ」「かわいい」といった謎サジェストが!

どうやら、コロハラとキテレツ大百科のコロ助が「コロ」つながりでネタにされているようだ。コロ助は語尾に「ナリ」をつけてしゃべり、それをコロハラと絡めているツイートが多い。また、コロハラの響きが「かわいい」ともされている。

キテレツ大百科は、藤子・F・不二雄による児童向け生活ギャグ漫画。こどもの光で1974年から1977年まで連載され、リメイク作品の「新キテレツ大百科」が月刊コロコロコミックで1988年から1994年まで連載。また、1987年にフジテレビで90分スペシャルが放送され、1988年から1996年まで同系列局でアニメシリーズが放送された。

コロプラに風評被害も

【追記】サジェストに「コロッケ」も浮上

▼飯テロ発生!

スポンサードリンク