【注意喚起】乃木坂46、メンバーへの“ママ”呼びに警告か

【注意喚起】乃木坂46、メンバーへの“ママ”呼びに警告か

乃木坂46がツイッターで、あるメンバーに対して「ママ」「ばぶばぶぅ~」などの過度な発言を確認したとして、リプライ欄を閉鎖せざるを得ない事態となっていると、公式サイトで注意喚起したという内容の告知が出回っている。

この告知が事実なのかはさておき、あるメンバーに対して「ママ」「ばぶばぶぅ~」などの発言があったことは事実のようだ。あるメンバーとは誰のことなのか。

スポンサードリンク

乃木坂46、メンバーに対して「ママ」「ばぶばぶぅ~」などの過度な発言を確認⇒リプライ欄を閉鎖せざるを得ない事態だと警告

しかし、公式サイトにはこの告知は確認できず。削除されたのか、画像はコラなのか

複数のメンバーが「ママ」と呼ばれている模様

特に筒井あやめ、田村真佑に向けてのツイートが目立つ

筒井あやめは15歳の女の子!そんな彼女に欲情する危険なファンたち


エスペディア

・乃木坂46では、メンバーのSNSを禁じている

・乃木坂を通してのメールやブログは許可されている
⇒ブログはコメント可能

・AKB48同様、握手会も行われている

ファンがメンバーを“ママ”と呼ぶ理由

・メンバーの「ママ」呼びには3つの意味がある

1.自分の母親的存在

2.飲み屋のママ的存在

3.グループのまとめ役は母性を感じさせ、お母さん的存在

ごちゃごちゃWORLDより

スポンサードリンク

声優界隈でも似たような事例があった

声優・上坂すみれのファンが「ママ~」「素射」などと爆撃

その後の顛末

予定されていたイベントを急遽、欠席するなど仕事にも支障が出る(公式は理由を明かしていないがタイミング的に上記の爆撃が原因とされる)

別件で逮捕者が出る

所属事務所「度のすぎているものは刑事事件として対応する」と警告

上坂すみれの個人アカウントが閉鎖⇒オフィシャルアカウントとして新たに開設(こちらも理由は明かしていないが間違いなく上記の爆撃が原因)

結論:ドルオタと声豚は同類だった!

スポンサードリンク