【ヒロアカ炎上】「集英社丸太謝罪要求」韓国人、謝罪文の書き方をレクチャーしてしまう

【ヒロアカ炎上】「集英社丸太謝罪要求」韓国人、謝罪文の書き方をレクチャーしてしまう

週刊少年ジャンプで連載中のヒロアカに登場した志賀丸太が旧日本軍の731部隊を連想させるとして中国や韓国で大炎上している問題で、「集英社丸太謝罪要求」「堀越耕平」がトレンド入りしている。

これらのツイートを見てみると、過去の謝罪文を元に謝罪文の書き方をレクチャーするものもみられた。

スポンサードリンク

「集英社丸太謝罪要求」韓国人、謝罪文の書き方をレクチャーしてしまう


ついっぷるトレンドより

「THE・謝罪」は、ヒロアカの八百万百の個性を間違えた時のもの


八百万百と書いて「やおろずもも」と呼ぶ

ジャンプ本誌では彼女の個性が「有機物以外」ならなんでも産み出せるとなっていたが、実際には「生物以外」ならなんでも産み出せるの間違いだったらしく、2巻(2015年1月10日発売)にて謝罪とともに訂正されている。

もともと「創造」という個性は飯田同様プロヒーローに設定されていたが、こういう最強能力はちょっと未熟者が持ってた方が面白いということで学生である八百万のものになったようだ。

八百万百「ニコニコ大百科」より

スポンサードリンク

英語での謝罪を求める声も

こうした動きに日本人は・・・

・謝罪文の書き方が分からないから謝罪しないのではなく、違法アップロードを見ている連中に「なぜ謝罪しないといけないのか」ということに気付かないのか
⇒むしろ、違法アップロードを見ていることを謝罪すべきではないか

・丸太という名前は指摘されている人物を意図したものではなく、そもそも謝罪の必要性がない

・謝罪したら今度は賠償金を要求するのではないか

・「誰も傷つけたくない」というが、韓国人を中心に集英社や堀越先生を攻撃する書き込みが目立っている

スポンサードリンク