【ポケモン剣盾】私的ダブルバトルキャラランク【ソードシールド】

【ポケモン剣盾】私的ダブルバトルキャラランク【ソードシールド】

ポケモン剣盾のダブルバトルに関して、このような画像を見かけた。

ダブルバトルのキャラランクをまとめたものだが、ランク付けに少々、疑問を覚えた。

そこで筆者も同じようにポケソルキャラランクメーカーを使い、150戦以上のデータをもとに、キャラランクを作ってみた。

スポンサードリンク

【ポケモン剣盾】私的ダブルバトルキャラランク【ソードシールド】

・ランクD以下は作る意味がないと思い省略

・すべてのポケモンを紹介するとかなり長くなるので、重要なポケモンのみ紹介

1.ドラパルト

・現環境でトップの使用率を持つポケモン
⇒同時に最も使われている600族でもある

・困ったらとりあえず入れとけ感がある

・ダブルでは特殊型が中心

2.ドリュウズ

・ドラパルトに次ぐ使用率を持つポケモン

・最初はバンギラスと一緒に入っていることがほとんどだったが、最近はピン採用かつかたやぶり(相手の特性の影響を受けずに攻撃できる)持ちが多くなった

・前作の全国ダブルで猛威を振るっていた霊獣ランドロスが不在かつガラルでは強いじめんタイプが少なく、必然的に使用率が増えている

3.ウォーグル

・ダイジェット(ひこう/味方全体の素早さを1段階上げる)を撃てるポケモンと言ったら、真っ先に候補に挙がるポケモン

・A123から放たれるダイジェットは非常に強力で、さらにダイナックル(かくとう/味方全体の攻撃を1段階上げる)も撃てる

・通常のウォーグルは耐久にやや難があったが、ダイマックスしてHPが増えたことで、一撃で倒されることは少なくなった

4.バンギラス

・最初こそドリュウズとともにダブル環境を席巻していたが、ピン採用のドリュウズが増加し、多方向からダイナックルが飛んでくるようになるなど処理されやすくなり、数を減らしつつある

5.ウインディ

・いかく(相手全体の攻撃を1段階下げる)持ちはあまり見なくなり、せいぎのこころ(あく技を受けると攻撃が1段階上がる)で味方のふくろだたき(あく/自分を含む手持ちのポケモンの数だけ攻撃する。ダブルだと最大4回攻撃)で火力を上げるという戦法が主流となった

・非常に強力なコンボだが、コンボ前提のポケモンなのでランクBという位置づけ

6.カポエラー

・ギャラドス、ウインディのいかく持ちがほぼいなくなり、唯一、現環境で使われているいかく持ち

・いかくはまけんき(相手の技や特性で能力ランクが下がると自分の「こうげき」ランクが2段階上がる)で攻撃を強化したり、ミラーアーマー(能力ランクを下げる効果を相手に跳ね返す。技の追加効果の同様)で跳ね返されてしまうが、それでも物理環境の今にはそれなりに有用
⇒カポエラーの場合、いかくが跳ね返られてもアタッカーではないのでそこまで影響はない

・バンドリの並びに強いかくとうタイプの中でも、個人的に一番評価している

7.オーロンゲ

・まだまだ使用率は少ないが、先制おいかぜ(味方全体の素早さを2倍にする)に対し先制でんじは(でんき/命中90/相手1体を「まひ」状態にする。まひ状態のポケモンは素早さが1/2となり、1/4の確率で行動不能)を撃てるポケモンで、今後の活躍に期待ということでランクB

・あくタイプなので、いたずらごころ(変化技を優先度+1で撃てる)による変化技が効かないのも評価点

・一応、攻撃が120あるので、アタッカーでの運用もできなくない

8.リザードン

・メガシンカを奪われオワコン化したと思われたリザードンだが、最近ちょっとずつ増えている

・現環境は素早さの高いポケモンが少なく、リザードンより早いポケモンはドラパルトくらいである

・ダイジェットで素早さを上げることができ、さらにサンパワー(ひでり時に特攻が1.5倍になるが、毎ターンの終了時に1/8のダメージを受ける。ダイマックス時は1/16)で火力を底上げできる

・バンギラスが減ってきているので、今後の活躍ができそうということでランクB

9.ウオノラゴン

・スカーフやおいかぜで素早さを上げてエラがみ(みず/物理/威力85/相手より先に攻撃すると威力が2倍になる)で殴るという戦法が主流だが、それ以外の戦法が皆無に等しい

・素早さを操作するなどして上を取ってしまえば、それほど対処は難しくない

・よびみず(みずタイプの単体技の攻撃対象が自分となり、ダメージが発生した場合、それを無効にして特攻が1段階上がる)トリトドンの起点にされてしまうのも難点

・とは言え、上からエラがみは強いのでランクC

10.ブリムオン、コータス、ダイオウゾウ

・トリックルームパーティでの運用が多い

・ブリムオンとダイオウゾウはダイマックス、コータスはふんかぶっぱ

・現環境はトリルパーティが刺さっており、この3体がアタッカーとして入れられていることが多い

11.セキタンザン

・なみのり+じょうききかん(みずかほのお技を受けると素早さのランクが最大になる)のコンボで知られる
⇒じゃくてんほけん(こうかばつぐんの技を受けると攻撃と特攻を2段階ずつアップする)で火力も上げてくる

・しかし、このコンボを知っていれば、対処はさほど難しくない

12.バンバドロ

・現環境は物理主体なので、「じきゅうりょく」(技のダメージを受けると防御が1段階上がる)が発動できれば有利に立ち回れるはず

・貴重なじめんタイプで、攻撃も125あるのでアタッカーとしても使える

13.ルチャブル

・ダイナックルとダイジェットをタイプ一致で撃てるというだけで強い

・種族値が高ければもっと上に入れたが、ルチャブルの種族値だとこのランクが妥当

スポンサードリンク

まとめ

今回のキャラランクは個人的な位置づけだが、本当にやっている人なら大体こんな感じになるのではないかと思われる。

1週間にわたって、ダブルバトルに関してあらゆる情報をお届けした。今後はそろそろシングルバトルにも参入したいと思う(マスボ級がインフレしすぎてあまり乗り気ではないが)

スポンサードリンク