【2019】正月早々、餅を喉に詰まらせる人続出 10人搬送、1人死亡

【2019】正月早々、餅を喉に詰まらせる人続出 10人搬送、1人死亡

毎年のお正月恒例、餅を喉に詰まらせる人が相次いでいる。都内ではすでに10人が搬送され、このうち1人が死亡したそうだ。

スポンサードリンク

餅を喉に詰まらせ10人搬送、1人死亡


Naverまとめより

1日、東京都内では餅をのどに詰まらせる人が相次ぎ、東京消防庁によりますと、27歳から98歳までの男女10人が病院に搬送され、このうち1人が死亡しました。東京消防庁は餅は小さく切って、ゆっくりかんで食べるよう注意を呼びかけています。

東京消防庁によりますと、1日午前10時すぎ、東京・昭島市の80代の男性が自宅で雑煮の餅をのどに詰まらせ病院に搬送されましたが、死亡しました。

都内で餅をのどに詰まらせて病院に搬送された人は、1日午後4時までに27歳から98歳までの男女10人にのぼり、このうち7人は60代以上だということです。

1月1日配信「NHK NEWS」より

過去5年の餅などによる窒息での救急搬送数


Naverまとめより

消費者庁HPによると

2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
115 112 99 101 94

※東京消防庁管内

年齢別では・・・

0~59 60~64 65~69 70~74 75~79 80~84 85~89 90~94 95~99 100~104
42 11 33 59 79 119 108 61 8 1

※東京消防庁管内

・0~59歳の間で最も多かったのは50~54歳の「8」

・65歳以上から急増し、95歳以降は激減

昨年は、餅などによる死亡者が全体の約13%に及んだ

スポンサードリンク

ネットの反応

「まさに例年のことだな
しかし27歳って……よほどのアホか」

「正月を実感できる風物詩」

「そこまでして食いたいもんかね」

「高齢者はもち食うなよ」

「救急車を呼んでから お餅を喰いなさい」

▼自分だけでなく、家族らが餅を詰まらせることもあるので注意しよう!

スポンサードリンク