【千葉バラバラ事件】山田基裕容疑者の自宅特定 母親と同居も喧嘩絶えず

【千葉バラバラ事件】山田基裕容疑者の自宅特定 母親と同居も喧嘩絶えず

千葉県の自宅で母親をバラバラに切断し、遺体を河口や海岸など遺棄したとして逮捕された山田基裕容疑者。彼はどのような人物だったのか。

スポンサードリンク

山田基裕容疑者とは


JNNより

近隣住民などによると

・父親は10年ほど前に他界。夫婦で母親と同居するようになったが、事件当時は親子2人だけで暮らしていた
⇒容子さんは「けんかばかりで話をしたくない」と話していた

・自宅の土地と建物は親子が共同で所有していたが、9月中旬に容子さんの権利分が信託され移された

・警備員の仕事をしていたとみられる

・近所の人たちからは「もとくん」という愛称で呼ばれ、ハキハキとした誰とでもあいさつを交わす明るい性格

・中学生の頃は、地域の祭りの「お囃子(はやし)会」に参加するなど活発

・最近の様子について、「性格が短気になったように感じた。家から大きな声も聞こえるようになっていた」

11月17日24日配信「千葉日報オンライン」より

スポンサードリンク

自宅はどこ?


大島てるより

■この住所の地図

■自宅の外観


ANNより


同より

スポンサードリンク