吉澤ひとみ夫・川前毅社長のIT会社にペーパーカンパニー疑惑が浮上!

吉澤ひとみ夫・川前毅社長のIT会社にペーパーカンパニー疑惑が浮上!

酒気帯び運転でひき逃げし2人に軽傷を負わせたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪で起訴され、先日保釈された吉澤ひとみ被告(33)。芸能界から引退することも公表したわけだが、同じ頃、夫の身元が特定された。

吉澤ひとみ被告の夫は、「株式会社フューチャーカスタムズ」(新宿)の川前毅社長(42)。同社は2012年11月に設立され、Webシステム開発、スマートフォンアプリ開発、健康管理機器の販売などの事業を展開するIT会社である。

スポンサードリンク

「フューチャーカスタムズ」はダミー会社?

しかし、この会社に一部ネットでペーパーカンパニー(法人登記はされているものの営業活動を行っていない企業)疑惑が浮上している。その根拠について、紹介していこう。

・IT会社の割にサイトデザインがショボい

・2014年12月22日を最後に、サイトが更新されていない

・会社はレンタルオフィス(賃料8~20万円ほど)

・役員の名前が日本人っぽくない

・副社長はいろんな会社の役員を務めている。副社長のLinkedinを確認したところ、フューチャーカスタムズを含む6企業で役員を務め、自営業もやっているらしい

・移転先のオフィスは新宿なのに、取引銀行は横浜のまま。しかも一行のみ

・資本金100万円でソフトウェア業

・売上1500万円、税引き後利益50万3千円(一部情報)に対し役員3人

過去には、プログラマーのアルバイトを8時間労働で時給1000~2000円(スキルに応じて変動)で募集していた。学歴・年齢不問、「かなり自由な社風の会社です。自律的にスキルアップを目指す方を募集します」とブラック求人っぽい。なおホームページ内には、電話番号の記載はみられなかった。

9月13日発売の「週刊文春」によると、夫婦は同区内の高級賃貸マンションで親子3人で暮らしているという。資本金100万円、売上1500万円の零細企業で新宿の高級マンションに住めるものなのか。

報道によると、吉澤ひとみ被告の保釈保証金300万円は夫が負担。保釈時、ネットでは「保釈金が安すぎる」などと騒がれたが、夫の会社の懐事情が判明すると、「保釈金300万円も納得だね」「夫に収入がなかったのか」といった声が散見した。

川前毅社長の会社については、「売り上げ1500万円でどうやって役員報酬払ってんの?」「旦那の会社HPもう何年も更新止まってるけど存在してるのか?」など疑惑の声が殺到。

さらに「表向きペーパーカンパニーで裏で怪しいことやってる人なのでは?」「こんな利益率で役員こんなに置かないだろ?独り親方の会社規模やん」「役員も名義貸しのペーパーカンパニーだろw」といった指摘が寄せられた。

▼フューチャーカスタムズのホームページ

▼旧オフィス・北幸ぐうはうすA401(賃料:15万円、地上9階建て、面積:47.64㎡)

▼新オフィス・エルプリメント新宿157(賃料:約8.7~20万円、地上7階/地下1階建て)

【吉澤ひとみ】記事リスト→https://koku-byakunews.com/archives/tag/吉澤ひとみ

スポンサードリンク