吉澤ひとみ被告の旦那・川前毅社長の会社ホームページが閲覧不可に 芸能界引退表明の影響か

吉澤ひとみ被告の旦那・川前毅社長の会社ホームページが閲覧不可に 芸能界引退表明の影響か

酒気帯び運転でひき逃げし2人に軽傷を負わせたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪で起訴され、先日保釈された吉澤ひとみ被告(33)が芸能界を引退することを発表した。

スポンサードリンク

事務所・吉澤ひとみ被告のコメント全文

本日、弊社は所属タレントの吉澤ひとみより、芸能界から引退したいとの
申し入れを受けました。
この申し入れを受け、吉澤ひとみと弊社で締結された専属マネージメント契約を
本日付けで解除致しました。
弊社と致しましても、今回の事件の社会的影響の大きさを強く認識しており、
本人と面談し、その意向を確認したうえでこの結論に至りました。
デビュー以来18年、この間にお世話になった関係者、ご声援くださったファンの
皆様には、このような結果となり、誠に申し訳なく感じております。
心よりお詫び申し上げます。
また、今後は社員、所属タレント一同、再発防止に、より一層注力して参る所存でございます。

2018年9月28日
ジェイピィールーム株式会社

 

私、吉澤ひとみは、この21日間独りでこれまでの人生を振り返り、
自分自身と向き合う中で、自分の弱さと未熟さを自覚しました。
今回の私の行動は、決して許されることではありません。
なにより、怪我をされた方々に深くお詫びを申し上げます。
そして、一日も早く回復され、元の生活に戻れる事を心から祈っております。
今後は自分が犯した罪を償い、一社会人として母として恥ずかしくない行動が
できるよう、一歩一歩進んで参ります。
また、今まで18年間お世話になった芸能界からは引退致します。
今回の件で、ご迷惑をおかけした全ての関係者の皆様にも心よりお詫び申し上げます。
今日まで応援し支えて下さったファンの皆様、ご支援いただいた皆様には、
裏切るような結果となってしまったこと、本当に、本当に申し訳ございませんでした。

吉澤ひとみ

http://www.jp-r.co.jp/hitomi_yoshizawa/news/9274/

吉澤ひとみ被告の芸能界引退表明に対し、ネットでは「これは仕方ない」「最後は良い選択だと思います」など一同納得。さらに「ここから裁判でどうなるかだね」「罪に猛省してください。間違っても自殺はしないでくださいよ」といったコメントもみられた。

スポンサードリンク

芸能界引退発表後、旦那の会社ホームページが閲覧不可に

先日、吉澤ひとみ被告の旦那は、東京都新宿区にあるIT企業「株式会社フィーチャーカスタムズ」の川前毅社長(42)と特定された。

吉澤ひとみ被告の芸能界引退表明からまもなく、フィーチャーカスタムズ社のホームページが閲覧できなくなった。

フィーチャーカスタムズ社は、2012年11月に設立。Webシステム開発、スマートフォンアプリ開発、健康管理機器の販売などの事業を展開。資本金100万円でレンタルオフィスで運営されている。

2014年末以降、ホームページの更新がされていないが、会社は運営されているとみられる。

9月13日発売の「週刊文春」によると、旦那はネット事業やイベント関係などの会社を経営したのち、現在は新宿でネット関連企業を経営。同区内の高級賃貸マンションで親子3人で暮らしているという。

2歳の長男は現在、吉澤ひとみ被告の親が預かっているそうだが、旦那が特定され、吉澤ひとみ被告も芸能界引退となり、これまで通り親子仲良くとはいかないだろう。今後の旦那や長男への影響、何より収入がストップし示談金や違約金などで借金地獄になるとみられ、離婚の可能性もある。

そうなると、吉澤ひとみ被告自身で稼いでいかないといけなくなるが、一般職では一生かかっても返せる額ではないだろう。一部報道によると、すでにアダルトビデオメーカーが動いているらしい。世間が忘れた頃に、ひょっこりAVデビューするかもしれない。

▼「Future Customs」と表示され、コンテンツが見れなくなっている

【吉澤ひとみ】記事リスト→https://koku-byakunews.com/archives/tag/吉澤ひとみ

スポンサードリンク