西川史子「(吉澤ひとみは)15分の間に”ものすごいお水を飲んだ”と思う」と、とんでも理論を展開

西川史子「(吉澤ひとみは)15分の間に”ものすごいお水を飲んだ”と思う」と、とんでも理論を展開

女医タレントの西川史子(47)が、9月9日放送の「サンデージャポン」(TBS)に生出演。酒気帯び運転でひき逃げしたとして逮捕された吉澤ひとみ容疑者(33)について言及した。

スポンサードリンク

西川史子の無責任発言に批判の声

爆笑問題田中「西川さん、吉澤容疑者の呼気からは基準値のおよそ4倍のアルコールが検出されたということなんですけどね」

西川史子「えっと多分その(事故を起こしてから自首までの)15分の間に”ものすごいお水を飲んだ”と思うんですよ。それでも4倍でたということは、相当飲んでいる可能性があるなと。これもう、推測で申し訳ないんですけど…」

水でアルコール度数を下げられるのかはさておき、そんなことしなくても酒が抜けるまで待てばいいのではないか。そもそも、たった15分間で大量の水をどうやって用意したのか。近くの店で水のペットボトルを調達するにしても、店に行くまでの時間や会計、水を飲んでペットボトルを処分するまでを15分間でやるのは、さすがに不可能だろう。

また、一度に大量の水を飲むことで体内の水分量が過剰になり、低ナトリウム血症(水中毒)のリスクがある。水中毒の症状としては、頭痛や吐き気、嘔吐などがあり、重度になるとけいれんや意識障害を引き起こし、死に至ることもある。

吉澤ひとみ容疑者はまだしも、医師の西川史子なら当然知っているはずだ。にも関わらず、テレビでこんな発言をするのはいかがなものか。ネット上でも「あまりにも無責任」「医者失格だな」などと批判の声が上がっている。

【吉澤ひとみ】記事リスト→https://koku-byakunews.com/archives/tag/吉澤ひとみ

スポンサードリンク