吉澤ひとみ、逮捕コメントで”2つの嘘”

吉澤ひとみ、逮捕コメントで”2つの嘘”

元モーニング娘。でタレントの吉澤ひとみ容疑者(33)が酒気帯び運転でひき逃げしたとして逮捕された事件で、吉澤ひとみ容疑者は「駐車車両がたくさんあって止められず、通報が遅れた」「前夜に自宅で夫とアルコール度数の低い酒を2~3杯飲んだ」などとコメントした。しかしこれらの供述は虚偽であることが、わかった。

スポンサードリンク

ひき逃げ事件の経緯

報道によると、吉澤ひとみ容疑者は9月6日午前7時ごろ、東京・中野区東中野2丁目の交差点で乗用車を酒気帯び状態で運転。赤信号を無視して自転車で横断歩道を渡っていた女性(20代)をはねた。女性ははずみで転倒し、近くを歩いていた男性(40代)にぶつかり、いずれも軽症を負った。

吉澤ひとみ容疑者はそのまま現場を離れたが、約15分後に自ら警察に通報。車を運転して現場に戻った。その際、吉澤ひとみ容疑者の呼気から基準値を大幅に上回るアルコール成分が検出されたことから、任意同行を求め事情を聴いていた。取り調べに対し、吉澤ひとみ容疑者が容疑を認めたことから逮捕に至った。

▼現場の地図

スポンサードリンク

逮捕コメントで嘘繰り返す

吉澤ひとみ容疑者は、現場を離れた理由について「駐車車両がたくさんあって止められず、通報が遅れた」と供述。しかしその後の警察への取材で、現場には事故当時、車を止めるスペースがあったとみられることが分かったとTBSが報じた。

また、ひき逃げを目撃した人は「バイクの人が『戻れよお前!』って言ったけど、車ごと行っちゃった」証言。吉澤ひとみ容疑者は60メートル先の信号で停止したが、車から降りることなくその場を立ち去ったとFNN PRIMEが報じた。

その後の調べに対し、吉澤ひとみ容疑者は「自宅で夫とアルコール度数の低い酒を2~3杯飲んだ」と供述。酒を飲んだ時間帯については「前日の夜の常識的な時間までだった」と説明しているとNHKが報じた。その一方で吉澤ひとみ容疑者は5日には都内で「今夜くらべてみました」(日本テレビ)の収録に参加。終了後、午後9時ごろに一人でタクシーに乗って現場を離れたことが確認されているとスポーツ報知が報じている。

一般的に「常識的な時間」は午後9時までを指す。午後9時には、一人でタクシーに乗っていたことが確認されており、吉澤ひとみ容疑者の供述と矛盾する。また吉澤ひとみ容疑者からは、基準値の約4倍の0.58ミリグラムのアルコールが検出されている。前夜に度数の低い酒を2~3飲んだだけで、翌朝に通常の4倍のアルコールが検出されるだろうか。

すでに一度嘘をついており、前夜の常識的な時間に自宅で夫と酒を飲んだという供述も虚偽の可能性が高い。飲酒ひき逃げをした挙句、嘘供述を繰り返すなど悪行を重ねる吉澤ひとみ容疑者。もはや芸能界復帰は絶望的ではないか。誰も”飲酒ひき逃げ嘘つき女”なんて使いたくないだろう。

▼逮捕された吉澤ひとみ容疑者

【追記】「前夜の常識的な時間まで飲んでいた」との供述から一転、「夜まで飲んでいた。午前0時前には切り上げたと思う」と説明しているとテレビ朝日が報道。また嘘をついたのか…。

【吉澤ひとみ】記事リスト→https://koku-byakunews.com/archives/tag/吉澤ひとみ

スポンサードリンク