【予言】藤田ニコル、北海道地震を予知していた!?

【予言】藤田ニコル、北海道地震を予知していた!?

タレントの藤田ニコル(20)が、北海道震度6強地震を予知していたのではないかと話題になっている。

スポンサードリンク

藤田ニコル「ここ最近の悩みなんだけど、地震が来てないのに、あれ?地震きてる?ってなるんだけど何だろ」

9月6日午前0時14分、藤田ニコルがツイート。「ここ最近の悩みなんだけど、地震が来てないのに、あれ?地震きてる?ってなるんだけど何だろう、自分が揺れてるのかな?錯覚?なんなんだ。」とつづった。この約3時間後の午前3時8分ごろ、北海道で震度6強の大地震が発生した。

このツイートに対し、「にこるんめっちゃ当たってるよ」「北海道で本当に地震が来た!予知能力??」「まさかの予言者!?」といったコメントが寄せられている。

スポンサードリンク

北海道地震の予言まとめ

▼3.11の予言を的中させた松原照子氏。16年4月29日のブログより

この度の熊本県大地震の後、北海道が揺れるかもしれないと思ってしまいました。

「すぐ」とはどのくらいを指すのかがわかりませんが、これからの2~3年、北海道は揺れやすく、どこかの火山が活発になるかもしれません。

名前が付く規模の大地震はご免蒙りたいのですが、どうもそうはいかない気がしています。

https://matome.naver.jp/odai/2146208457398562901

▼9.11や3.11などを予言し的中させた予言者ゲリー・ボーネル氏の弟子・UCO氏。16年の予言より

ゲリーと関係ない私自身のリーディングですが、オリンピックまでに日本の北半分、東北・北海道で壊滅的地震が起きてしまう未来が見えます。日本の南半分は、大雨や土砂崩れなどの天災が起きるようです。オリンピックは確かに中止される可能性はあるでしょう。

https://tocana.jp/2016/09/post_11016_entry_2.html

▼米超能力者ジョー・マクモニーグル氏。2017年の予言より

【予言】
今後日本で発生する大地震:2018年晩夏(8月後半から9月上旬を指す)、東京都の西40kmで震度6弱の地震

【解説】
実際に起きるとすれば、これは首都直下地震といっても差し支えないだろう。「西40km」の基点が不明だが、仮に東京駅あるいは皇居とするならば、だいたい多摩地区の八王子市あたりが震源となる。

https://tocana.jp/2017/01/post_11989_entry_4.html

▼占い師Love Me Do氏。18年9月の予言より

「大地」をあらわす土星が、9月6日から順行を開始し、この影響が9月2~12日の期間に出そうです。9月11日に「攻撃性」や「トラブル」の意味を持つ火星がみずがめ座に入る影響も加わり、同期間は地震に噴火、竜巻や台風、豪雨などに気をつけましょう。みずがめ座は「最先端の技術」を示すので、電化製品の異常や、大規模な停電といったトラブルも想定しておいてください。9月2~12日の中でも、特に9月2日、9月5~7日と9月10~12日は警戒を強めてほしいです。

https://tocana.jp/2018/09/post_17991_entry_2.html

予知や予言ではないが、政府の地震調査委員会が6月、全国地震動予測地図の2018年版を公表。それによると、30年以内に北海道で震度6弱以上の地震発生確率が上昇。釧路市が47%から69%、根室市が63%から78%に変化したという。なお今回の北海道地震では、釧路市が震度4、根室市は震度3だった。

スポンサードリンク