【炎上】オードリー春日、24時間テレビのギネス挑戦中に犬に”足払い”「かわいそう」「動物虐待」の声

【炎上】オードリー春日、24時間テレビのギネス挑戦中に犬に”足払い”「かわいそう」「動物虐待」の声

お笑いコンビ・オードリー春日俊彰(39)が24時間テレビで、ギネス世界記録「ワンちゃんジャンピング」に挑戦。回転する人の足を犬が30秒間に何回跳べるか競う競技で、ギネス世界記録保持犬の大福ちゃん(4)と挑んだのだが、ギネス挑戦中、オードリー春日が大福ちゃんを”足払い”して大福ちゃんが飼い主のもとへ逃げ出すハプニングがあった。

スポンサードリンク

オードリー春日に足払いされ犬逃亡

ギネス6回目を迎えた際、オードリー春日の足払いがジャンプする大福ちゃんの足に直撃。それでも挑戦を続けようとするオードリー春日だが、大福ちゃんはダッシュして飼い主のもとへ逃げてしまう。しかしその後、大福ちゃんはオードリー春日のもとに帰っていく。

ギネスは1日3回の挑戦が可能ということで、一度仕切り直すオードリー春日&大福ちゃん。2回目の挑戦では、ノーミスで回数を重ねていき、現世界記録37回を上回る38回でギネス世界記録を更新した。

オードリー春日&大福ちゃんの活躍に、ネットでも賞賛の声が上がったが、その一方で「犬が転んでかわいそうだった」「動物虐待。犬を使うな」といった批判もみられた。

足払いは故意ではないと思われるが、公共の電波で”あのような映像”が流れれば批判されるのは当然だ。ギネス世界記録を塗り替えられたからいいものの、もし何の結果も残せていなかったら、この程度の批判では済まなかっただろう。

スポンサードリンク

みやぞんの犬にも「かわいそう」の声

オードリー春日に足払いされた大福ちゃんだけでなく、24時間トライアスロンを完走したみやぞん(33)の飼い犬・ラブちゃんにも「かわいそう」といった声が寄せられている。

ラブちゃんは、武道館でみやぞんを迎えたのだが、ステージは「サライ」やマイクの音が大音量で流れており、ゴール時のクラッカーも合わさって”爆音”がとどろいた。これらの音に耐えられなくなったのか、ラブちゃんが逃げ出そうとした。

この様子に対し、ネット上では「あんな爆音の中でかわいそうだなぁ」「わんちゃんは誰かに預けてお留守番させてあげた方が良かったんじゃない…?」といった声が寄せられている。

なお、みやぞんは24時間テレビ終了後、ラブちゃんの散歩に行くと話していた。

【24時間テレビ2018】記事リスト→https://koku-byakunews.com/archives/tag/24時間テレビ2018

スポンサードリンク