りゅうちぇるタトゥー批判 今度はデザインにケチつけられる「名前のタトゥーはダサい」

りゅうちぇるタトゥー批判 今度はデザインにケチつけられる「名前のタトゥーはダサい」

タレントのりゅうちぇる(22)が妻でタレントのペコ(23)と息子のリンクくん(0)の名前を刻んだタトゥーに批判が殺到した騒動で、今度はデザインそのものにケチをつける声が相次いでいる。

スポンサードリンク

りゅうちぇるタトゥー批判の経緯

8月13日:りゅうちぇる初のイベント「CANDY SUMMER PARTY」(8月13日)で撮影した写真をインスタに公開。りゅうちぇるの両肩には、タトゥーと思われるものが映っていた

View this post on Instagram

CANDY SUMMER PARTY 無事大成功 💖🌈💖 来てくださり本当に本当にありがとうございました…💖🌈💖 今日の写真は #CHELCHELS でたくさん思い出に残してね💖🌈💖 そして ぜひぜひまた会いにきてね💖🌈💖みんなのおかげで僕がいるんだよ。大好き。

A post shared by RYUCHELL (@ryuzi33world929) on

8月19日:インスタのストーリーにて、両肩にタトゥーを入れていることを明かす。右肩には、ハートのイラストと妻のぺこの名前「TETSUKO」の文字、左肩には、天使の輪と羽が付いたスマイルのイラストと、長男・リンクくんの名前「LINK」の文字を入れている。その後、りゅうちぇるのタトゥーへの批判が始まる

8月21日:タトゥー批判を受け、インスタで反論

View this post on Instagram

いろんな意見を、ありがとうございます。 言いたいこと、きちんと書くね!! まず、今まで応援してくれていた方が、冷たいコメントだけを残し、ぼくのことを一瞬で嫌いになるのが本当ならおどろきです。 それなりに予想はしてたけど、こんなにも偏見されるのかと思いました。 こんなに偏見のある社会 どうなんだろう。仕方ないよね。ではなく、僕は変えていきたい。 優しい言葉を投げかけてくれる人が好きと言うわけではなく、本当に僕のことを応援してくれている方と、そうでない方のコメント、言葉の違いくらい僕にも分かります。 結婚して、子供がいつかできたら、 家族の名前を身体に刻もう。と結婚する前、3年前から決めてました。 その3年でたくさん考えて、それなりの覚悟で入れました。 ぼくたちは、日本の温泉や、プールには行かないとおもいます。 その理由は名前を刻んだということとは関係ありません。 ぼくたちは、子供の顔を出していないので 子供の写真を盗撮されると困るし、子供がびっくりしたり、怖くなってしまうことが、あるかもしれないので、大勢の人が集まる場所には なかなか行かないと思います。 でも、そんな僕たちのお家を選んで生まれてきてくれたんだから、僕たちだからこそしてあげられることもたくさんあるし、僕の身勝手な行動で 大切な子供の楽しい思い出作り、人生を邪魔することは絶対しません。 そして僕のお父さんも、僕が生まれたとき 背中に 龍 (ドラゴンの絵) を入れました。僕は一度も嫌な思いをしたことがないし 嬉しかったです。 不自由をしたこともないし、ママからも パパからも たくさんの愛をもらい、育ててくれました。 だから、僕自身、偏見もなにもありませんでした。それも大きいかもしれません。 この体で、僕は大切な家族の笑顔を守るのです。なので、この体に、大切な家族の名前を刻みました。隠すつもりもありません。でも意地でも出したいわけでもありません。自然に生きていきたいです。偏見が無くなりますように。 そして最後に!!! 僕も色々こうしてSNSで発信することが怖いときもあります。またどんな風に どんな見出しで ネットニュースにされてしまうのか 怖いです。だけど何かにおびえて何もせずに生きててもこの社会は変わりません。世の中への思いや、変えていきたいことを どんどん発言、発信していかないと何も変わらないんです。だから、今回も勇気を振り絞りました。共感してくれる方がもしいれば、自分らしく、そして社会を変えようという強い気持ちで一緒に明日も頑張ろうね。こんなに長分なのにここまで読んでくれて、どうもありがとうございました 😭✨

A post shared by RYUCHELL (@ryuzi33world929) on

以下、りゅうちぇるのコメント

(前略)

それなりに予想はしてたけど、こんなにも偏見されるのかと思いました。
こんなに偏見のある社会 どうなんだろう。仕方ないよね。ではなく、僕は変えていきたい。

(中略)

結婚して、子供がいつかできたら、
家族の名前を身体に刻もう。と結婚する前、3年前から決めてました。
その3年でたくさん考えて、それなりの覚悟で入れました。

ぼくたちは、日本の温泉や、プールには行かないとおもいます。
その理由は名前を刻んだということとは関係ありません。

(中略)

そして僕のお父さんも、僕が生まれたとき 背中に 龍 (ドラゴンの絵) を入れました。僕は一度も嫌な思いをしたことがないし 嬉しかったです。
不自由をしたこともないし、ママからも パパからも たくさんの愛をもらい、育ててくれました。
だから、僕自身、偏見もなにもありませんでした。それも大きいかもしれません。

この体で、僕は大切な家族の笑顔を守るのです。なので、この体に、大切な家族の名前を刻みました。隠すつもりもありません。でも意地でも出したいわけでもありません。自然に生きていきたいです。偏見が無くなりますように。

(後略)

それでも批判はやまず、タレントの眞鍋かをりや俳優の野村周平といった芸能人が擁護コメントをしている。

スポンサードリンク

デザインがダサい

批判のほとんどは、タトゥーを入れたことによる子供の悪影響や日本でのタトゥーは”悪”という風潮で叩いているものだが、中にはデザインそのものにケチをつけている人もみられた。

りゅうちぇるのタトゥーは、両肩にちょっとしたイラストと、家族の名前をローマ字で刻んだデザインであるが、名前のタトゥーはダサいという声が散見されている。

ほかにも、「ハートのがクソダサい」とハートのイラストすらケチをつける声も。その一方で「家族への愛はデザインすることではない。刻むなら大いに自分の内側に刻めばいい」というコメントもみられた。

さまざまな意見が飛び交っているが、結局タトゥーは自己満足なので他人が口出しすることではないのかもしれない。しかしタトゥー批判は、りゅうちぇるインスタの新規や古い投稿にも及んでおり、しばらくは燃え続けそうだ。

【りゅうちぇるタトゥー批判】記事リスト→https://koku-byakunews.com/archives/tag/りゅうちぇるタトゥー批判

スポンサードリンク