【新潮】須藤早貴さんの家族や両親の職業が判明!AV出演は確定に!!【紀州のドンファン】

【新潮】須藤早貴さんの家族や両親の職業が判明!AV出演は確定に!!【紀州のドンファン】

紀州のドンファンこと野崎幸助が、和歌山県田辺市の自宅で怪死した事件で、6月7日発売の週刊新潮は、妻の須藤早貴さんの顔写真や本名を解禁。須藤早貴さんの家族やAV出演などを明らかにした。

スポンサードリンク

【週刊新潮】須藤早貴さんの新情報

・自宅は、東京・新宿にある13階建ての高層マンション。およそ24平方メートルのワンルームで、家賃は14万円

・賃貸契約を解約しない理由について、「姉が一緒に暮らしているから」と紀州のドンファンに話していたが、姉は地元の札幌に居る

・通夜の当初、「喪主」の意味すら理解していなかった。また「私、お墓なんて守らないもん」といった発言も

・5人家族で、医療関係の仕事に従事する両親、3つ上の姉と2つ下の弟がいる

・地元の小、中学校を経て入学したのは偏差値45前後の公立高校。所謂ヤンキー校だが、須藤早貴さんは黒髪ストレートの‟容姿は模範的な生徒”。しかし勉強はできず、運動も嫌い。昼休みはよく少女漫画を読んでいた。卒業式の日は何故か茶髪で登校し、皆にからかわれると‟こんな見た目だけど処女だから”とおどけていた

・専門学校に入ってからは、飲み歩きやホストにはまり、海外旅行にも行きまくっていた。2年生の終わり頃から学校に来なくなったが、無事に卒業したらしい

・警察が押収した携帯電話から、少なからず、ホストとの付き合いがあったことが判明。このホストは捜査すべき人物にピックアップされ、事件とのかかわりがないか調べる方針

・紀州のドンファンには、結婚前は中国や中東でモデルの仕事をしていたと話していたが、中国語はおろか、英語も満足に話せなかった

・少なくとも2本のAVに出演していた。2本とも昨年9月に有料動画がネット配信されている。どちらも駅で声をかけられて、ホテルに連れ込まれるというナンパもの。大々的にAV女優として売り出したわけではなく、あくまで素人という体裁で出演している

・紀州のドンファンが亡くなる10日ほど前、会社の従業員6人の間で、須藤早貴さんがAVに出ていると話題になった。その後、事件が起こり、従業員の携帯電話が押収されたが、それには皆、須藤早貴さんのAVを入れたままにしていた

【紀州のドンファン】記事リスト→https://koku-byakunews.com/archives/tag/紀州のドンファン

スポンサードリンク