【クビ】山口達也の解雇は余罪が発覚したから?某週刊誌が12件も掘り出したとの噂

【クビ】山口達也の解雇は余罪が発覚したから?某週刊誌が12件も掘り出したとの噂

ジャニーズ事務所が5月6日、女子高生への強制わいせつ容疑で無期限謹慎していたTOKIOの山口達也を解雇することをFAXで発表した。

スポンサードリンク

ジャニーズ事務所のFAX全文

要点をまとめると

・山口達也の処分について、5月6日、本人から直接、事務所に対し強い辞意表明があり、それを踏まえて同日、同社社長とTOKIOリーダーの城島茂との協議が行われ、この申し出を受理する判断に至った

・事務所は、山口達也を解雇することになるが、事件の社会的な影響や現在、山口達也の置かれている状況、また彼を育ててきた立場として、社会に責任を果たすために必要な支援を今後も続けていく方針

・4月30日の時点で辞意表明があったが、結果としてその場で辞意への回答ができなかったことは、話し合いの直後に事務所社長に伝えられた。事務所としては、社会的影響の大きさから、速やかに意思決定をすべきとの考えだったが、5月6日に辞意が社長に託され、当人からも別途、社長への直接の意思表明があったことも踏まえ、辞意を受け入れた

・山口達也は今後、被害者への謝罪を重ねることはもちろん、事件の要因となったさまざまな問題を克服すべき状況にある。そのためには無期限謹慎という曖昧な形ではなく、本人の強い意志でもある辞意を受け入れ、山口達也が一人の人間として自分と向き合う形をとらせるべきだと判断した

・被害者やその関係者、および山口達也の家族への取材は自粛してほしい

・今一度TOKIOとして原点に戻り、それぞれが己と向き合い、誰のために、いったい何をするべきなのかをしっかり考え、前を向いていきたい

先月の会見では、「私の席がそこにあるんであれば、またTOKIOとしてやっていけたらなと・・・」と未練たらたらで、城島茂に辞表を預けるなど、自分を引き留めてほしいといった感じだったのに、それから数日足らずで、まさかの解雇となった。一体何があったというのか。

スポンサードリンク

週刊誌に余罪をキャッチされ、急遽解雇されたとの噂

某週刊誌が余罪を12件も掘り出したらしいからな

5chに書き込まれたものだが、真意は不明。しかし5月7日発売の「週刊現在」で、それらしい内容が報じられるのではないかと噂されている。

「山口達也『ジャニーズ』が本当に隠したかったこと」とのタイトルで、テレビが忖度して報じない内幕を全て暴露するようだ。具体的な内容はわからないが、もしかしたら、山口達也の余罪に関するものなのかもしれない。

▼山口達也の余罪と言えば、事件発覚直後、別の被害者が「自分もキスされた」などと告発していた

詳しくはこちら→https://koku-byakunews.com/archives/16758

今回の事件は金や権力で何とかなったが、余罪がキャッチされてしまい、もうかばいきれないと思い、解雇に踏み切ったのだろうか。いずれにせよ、事務所の後ろ盾がなくなった今、山口達也へのあら捜しは加速しそうだ。今後、逮捕もありえるかもしれない。

【TOKIO】記事リスト→https://koku-byakunews.com/archives/tag/TOKIO

【山口達也】記事リスト→https://koku-byakunews.com/archives/tag/山口達也

スポンサードリンク