Sheba(シーバ)キャットフードに異物混入!? 販売元へ問い合わせた結果・・・

Sheba(シーバ)キャットフードに異物混入!? 販売元へ問い合わせた結果・・・

ツイッターユーザーのtokoさんが、Sheba(シーバ)のキャットフードに異物混入があったと告発した。

スポンサードリンク

Sheba(シーバ)に硬い羽根の芯が混入!?

異物混入があったのは、シーバの「鶏ささみ味と海のセレクション」。香りまぐろとクリーミーチーズ味、味わい鶏ささみとほたて味、ひらめと旨味かつお味、香りのまぐろと味わい鶏ささみ味が計12袋入っている。

このうち、1袋にトゲのようなものが刺さっており、販売元に分析してもらったところ、原材料に使われていないはずの硬い羽根の芯と判明した。

tokoさんは、シーバに注意喚起するよう要請したが、「こういうことは公表しないのが、会社の方針」との回答をもらい、一匹でも被害にあってほしくなくてツイートしたという。

▼シーバ「猫に何か被害があっても保障はしない。科学的に証明されれば別」

問題のツイートは5月5日午後6時現在で2万9千リツイートされ、まだまだ伸びしろがある。リプには「我が家もたまに買っていましたが…会社の対応、最悪ですね!!」「うちの子にもたまにあげて今もまだストックがある状態なのですがこれからは与えないようにします…」といったコメントが寄せられている。

スポンサードリンク

kalkan(カルカン)にはプラスチック片が混入していた

詳細はこちら→https://koku-byakunews.com/archives/3896

シーバとカルカンは、アメリカの食料品会社「マース」の日本法人「マースジャパン」が運営している。2社での異物混入騒ぎで、しかも対応もしないとなれば、信用はガタ落ちだろう。

シーバー公式サイトトップに「逃れるなんて、無理。」とあり、まさに責任から逃れることは不可能だ。せめて、注意喚起くらいはしてほしい。

スポンサードリンク