【画像】TOKIOカケル、山口達也のカット編集で不自然シーン連発【5月2日放送】

【画像】TOKIOカケル、山口達也のカット編集で不自然シーン連発【5月2日放送】

フジテレビ「TOKIOカケル」(5月2日放送)で、山口達也の出演シーンがカットされたが、急な編集もあり、不自然なシーンが多発している。

スポンサードリンク

TOKIOカケルの不自然シーン5選

1.松岡&城島の2ショットが多い

2.見切れた長瀬が目立つ

3.国分は単体アップのみ

4.ゲストのアップが多い

5.カメラマンが映ってしまう

▼本来の席順はこちら

山口達也は、長瀬と国分の間に座っており、その関係上、右側を映すことが困難となり、結果、長瀬が見切れたり、国分はアップでしか映せなかったと思われる。

それでも、山口達也の映像はもちろん、音声も一切入っていない。編集スタッフが一晩でやってくれたのだろうか。

前半の15分間は、放送中止になった先週分のゲストである米倉涼子が出演。後半は、大倉忠義が出演した。

【TOKIO】記事リスト→https://koku-byakunews.com/archives/tag/TOKIO

【山口達也】記事リスト→https://koku-byakunews.com/archives/tag/山口達也

スポンサードリンク