太山寺中学校のバスケ部顧問が体罰 名前を特定

太山寺中学校のバスケ部顧問が体罰 名前を特定

神戸市立太山寺中学校のバスケ部顧問が、男子部員19人の頭を叩くなどの体罰を繰り返していたとして減給処分を受けたことが、わかった。



太山寺中学校のバスケ部顧問の体罰報道

 神戸市立中学校の男性教諭が、顧問を務めていたバスケットボール部の練習試合中に男子生徒19人の頭を叩くなどの暴行を繰り返したとして減給処分を受けました。

 減給10分の1の懲戒処分を受けたのは、市立太山寺中学校の37歳の男性教諭です。神戸市によりますと、おととしから去年10月にかけて顧問を務めていたバスケットボール部の練習試合中で男子生徒19人に対し、頭を叩いたり足の裏で尻を押すなどの暴行を加えたということです。また、「アホ、ボケ」などの暴言を繰り返したということです。

 去年10月に保護者から「指導が厳しすぎる」と学校側に相談があり、問題が発覚しました。男性教諭は聞き取りに対して「強くしてあげたいという思いがあった。指導の一貫だった」などと話しているということです。

http://www.mbs.jp/news/kansai/20180219/00000051.shtml

▼補足情報

・教諭は2016年4月に同校に赴任し、運動部の顧問に就いた(神戸新聞)

・バスケ部には副顧問もいたが、発覚まで体罰に気付かなかったという(神戸新聞)



太山寺中学校のバスケ部顧問の名前は「近藤」!?

▼下の名前を調べていると、太山寺中学校にて2016年4月に着任した「近藤和弘」という人物に辿り着いた。バスケ部顧問とみて間違いないだろう

近藤和弘の体罰に対し、教え子と思われるツイッターは「中3の時の担任。良い人やったけどやらかしたな。」「ほんま残念」などとコメントしている。