【炎上】実写映画「虹色デイズ」のなっちゃん役・佐野玲於に「イメージ違う」「ごつすぎ」などと批判殺到【漫画の実写化】

         


水野美波氏による漫画「虹色デイズ」が実写映画化されることが、わかった。GENERATIONS・佐野玲於、俳優・中川大志、横浜流星、高杉真宙の4人が主演を務める。

漫画の実写化ということで、恒例の批判が寄せられている。特になっちゃん役のイメージが違うなどと叩かれている。

スポンサードリンク

【コメント】漫画「虹色デイズ」の実写化決定!

▼羽柴夏樹役・佐野玲於コメント

▼片倉恵一役・横浜流星のコメント

▼松永智也役・中川大志コメント

実写映画「虹色デイズ」公式より

▼直江剛役・高杉真宙コメント

▼原作者・水野美波氏のコメント

スポンサードリンク

【爆死?】実写映画「虹色デイズ」のキャストに不満続出

「あれ?高校生っていう設定なの?ん?おっさんじゃん。こんなのが『けいちゃーん』とか言ってたら吐くよ?」

「え虹色デイズ実写化!?まじやめて…特になっちゃんと恵ちゃん無理すぎる…他の2人も確かにイケメンだけど違うじゃん……」

「やめて欲しいんですけど・・・大好きな松つんのイメージが・・。みんな誰?って感じ」

「なっちゃんがジェネみたいなタイプなわけないじゃん。けいちゃんはもっとイケメンじゃん」

「横浜くんがムチ振り回して悪い顔するのとか想像つかないし、亀甲縛りとか出来ないでしょ?なっちゃん役の人雰囲気違いすぎる…」

「4人ともビジュアルがキャラクターに少しも似てなくて受け入れられない 観てて混乱しそう お金のために映画化してファンの気持ち壊すのはやめてほしかった」

「なっちゃん役、ごつくない??なよなよそんな身長高くない女子力高い系男子だよ??」

そもそも、高校生役を成人男性が演じる時点で間違っている。なぜ、子役を抜擢しないのだろうか。

片倉恵一、松永智也、直江剛役は格好いい系なのでまだいいが、羽柴夏樹は真逆の可愛い系なので尚更難しい。しかも、佐野玲於はEXILE系でごついため100%合っていない。

最近の実写映画は「銀魂」が奇跡的にヒットしたが、普通は爆死が基本だ。これもミスキャンディングということもあり、爆死必須だろう。

スポンサードリンク


follow us in feedly
 
カテゴリ:ゲーム・アニメ
 

オススメ記事