EMMA「性交渉を断ったら個人情報を晒された。警察も助けてくれない」→相手の感字ist「虚偽ツイートと同じ座標にいるつもりはない」

         


EMMA@afraid_to_live_という女性が感字ist@bsmky2kanjistという男性に性交渉を持ち掛けられ、断ったら個人情報を晒されたエピソードを公開し、大きな反響を呼んでいる。

スポンサードリンク

EMMAさんの主張

平たく言うと

・昨年8月ごろから、ネットを通じて仲良くなった人物から脅迫を受けている

・相手の男性は感字ist@bsmky2kanjistというクリエイター。ツイキャスのリスナーとして知り合った

・ツイキャスをきっかけにツイッター、スカイプなどでやりとりを開始。さらには文通も持ち掛けられ、連絡先を渡してしまった

・年末の同人イベントに向けて準備していた途中、自分のパソコンが壊れた。格安で譲ってくれる人がいないか呟いたところ、感字istが11万の新品を4万5千円で譲ってくれると持ち掛けてきた

・その代わり、肉体関係を求められた。断ると「自分が女装するからそれでどうだ」と言われるも再び断り、今後一切連絡しないよう釘を刺した

・すると感字istから「住所がどうなるか分かる?」などと脅迫。警察に行くと言うと「とりあえずパソコンは送るから許して。いつでもいいから月々お金分割してもいいから4万5千円振り込みお願いね」

・しばらくして、感字istの報復が開始。裏垢で自分の住所と電話番号を晒し、いたずら電話もかけてきた

・10月8日、最寄りの枚方警察署に電話し事情を説明。しかし、被害届を提出しないよう勧められた挙句、「早急に電話番号を変えろ」「家を引っ越せ」と全く相手にしてもらえず

・警察も助けてくれない今となってはもう後の祭り。アカウントを捨てる理由はこれが全て

▼感字istとのDM

▼感字istの問題発言

感字istの主張

▼EMMAさんのツイートは虚偽と説明

▼振り込みが1度あったが、取引時の提示額3万に対し、5000円しか振り込まれていない

▼パソコンを送ったが、振り込みがなく、連絡も遮断されてしまい、知り合いの別垢にリプライを送ったところ、晒されてしまった

スポンサードリンク

両者の反論

▼感字istと金銭のやりとりは全くなく、パソコンも受け取っていない

▼EMMAさんが晒したアカウントは自分のものではない

ネット上ではEMMAさんに心配の声が多数寄せられているが、同時に自作自演説(晒したツイートは鍵アカウントなのになぜ見れたのか、そもそもIDが違う、自分のアカウントにしか表示されないアクティビティマークがある、被害届は保留できないらしい)も浮上している。

「感字ist」全ての記事

スポンサードリンク


follow us in feedly
 
カテゴリ:社会
 

オススメ記事