Antaga大正の店長・梶林洋介が大麻所持 「濃厚ラーメン」が若者人気

         


Antaga大正の店長・梶林洋介が大麻所持で、逮捕・起訴された。

梶林洋介が経営するラーメン店は「濃厚ラーメン」が特徴的で、若者人気もあったようだ。

スポンサードリンク

Antaga大正の店長・梶林洋介の逮捕報道

記事によると

・大阪市大正区にある有名ラーメン店「Antaga大正」の経営者・梶林洋介被告(31)が大麻を所持していたとして、逮捕・起訴された。「自分で吸うために店で保管していた」などと容疑を認めている

・近畿厚生局麻薬取締部によると、梶林洋介被告は先月14日、経営するラーメン店の店内で大麻約11グラムを所持していた疑い。大麻は客も行き来する通路に置かれていたダンボール箱の中などに入れられていた

・梶林洋介被告が経営するラーメン店は、雑誌やテレビなどで取り上げられる有名店だった

出典:http://www.mbs.jp/news/kansai/20171005/00000023.shtml

この話題に対し、ネット上では以下のようなコメントが寄せられている。

「大麻入れて依存させて客集めるってことかな」

「こだわりっぽいラーメン店店主ってなんか胡散臭い」

「見た目、店名から納得した」

「新商品は、大麻ラーメンですね^^」

「洋介って名前の奴はろくなのいないな。窪塚とか…」

「やりそうな顔してますなぁ。あんたが大麻!」

いかにも大麻やっている顔つきと言っても過言ではない

スポンサードリンク

【食べログ】Antaga大正は「濃厚ラーメン」が若者人気

食べログによると、Antaga大正は濃厚なスープが特徴的という。

さらに店内は20代前半くらいの若者が多く、常連は中年男性が多いらしい。

店長の逮捕により、店は畳むのか、それとも誰かが引き継ぐのか気になるところだ。

スポンサードリンク


follow us in feedly
 
カテゴリ:社会
 

オススメ記事