【Twitter】ツイート文字数280字に引き上げ、日本語対象外も納得の声 その理由とは?

         


Twitterは、ツイートの文字数制限を140字から280字に引き上げるテストを行うと発表。なお、日本語・韓国語・中国語は対象から外されている。

これに対し、日本ユーザーは不満を上げると思われたが、納得との声が目立っている。その理由とは一体なんなのだろうか。

スポンサードリンク

Twitter、ツイート文字数280字に引き上げの報道

記事によると

・Twitterが字数制限を140字から280字に増やすと26日、公式ブログを通じて明らかにした

・Twitterは現在、一部利用者に限って試験中で、英語・スペイン語・ポルトガル語ユーザーがその対象に含まれると明らかにした。だが、日本語・韓国語・中国語は対象から外された

・日本語や韓国語などは英語とは違って短い文章により多くの意味を含めることができるのがその説明。実際にツイッター社が日本語と英語で作成されたツイートを比較した結果、140字すべて使った日本語ツイートは0.4%に過ぎなかった。英語の場合は全体の9%に達した

出展:http://japanese.joins.com/article/885/233885.html?servcode=300&sectcode=330

Twitterによると、1ツイートの文字数で最も多いのは日本語が15文字、英語は34文字という。

スポンサードリンク

ツイート文字数280に引き上げ、日本語対象外も「正直大賛成」

ツイート文字数の引き上げは日本語対象外ということで、日本ユーザーから不満が上がると思われたが、逆の反応が目立っている。

「現状140字で全然不都合はないしいいんじゃないかなぁ」

「ふーん、いいんじゃない?日本は漢字と平仮名と片仮名があるからそんな文字数なくても思いが書けるし。280あってもそんな読まないよね。10文字増やす程度ならまだしも」

「海外の人は140文字じゃ窮屈そうだなと思っていたし、日本語は140文字のままでも何も問題ない」

「これは正直大賛成。短い文字制限の中でやっていくのがツイッターの一番特徴だと思う。しかも日本は俳句とか短歌みたいに限られた文字数でうまく表現する文化があるから、逆に短い言葉の方が色々うまく伝わっていく部分があると思う」

「ツイートの文字数が倍になるの日本には適用されない事は納得出来る。英語等は一文字で数えるのではなく一単語で数えるので、日本とは根本が違う」

「私は賛成だ。そもそもそんなに多くない文字数で自分の考えや意見をいう他にない貴重な情報発信場所であって、この文字数に収めることによって無駄がないスマートな会話をすることができることにも繋がるからだ」

外国語はまだしも、日本語では少ない文字数でも自分の想いを伝えられるからというのが理由のようだ。また、限られた文字数の中でやっていくのがTwitterの醍醐味と捉えているのも日本ユーザーの特徴だろう。

個人的には1ツイートの文字数は100文字ほどで画像や動画を添付している投稿がベストだと感じる。多くのリツイートを獲得しているのも、この投稿だ。短いのもいいが、もうちょっと長くして画像や動画を添付した方が華やかになるだろう。

スポンサードリンク


follow us in feedly
 
カテゴリ:IT
 

オススメ記事