ジャニーズ事務所がスタッフに向けたエアガン発砲に注意喚起 過去にレーザーポインタや吹き矢でも撃たれていた

         


ジャニーズ事務所が「大切なお願い」のエントリーで告知。ジャニオタによる過激な迷惑行為の事例を列挙し、「絶対におやめください」と注意喚起した。

スポンサードリンク

ジャニーズ事務所「スタッフに向けてエアガンを発砲するのはおやめください」

ジャニオタの迷惑行為は今に始まったことではないが、スタッフに向けてエアガンを発砲する大馬鹿者が出てくるとは。推しを追おうとしたらスタッフに止められて、むかついたから発砲したといったところだろうが、エアガンを所持していることに疑問を覚える。常に誰かを撃つことを想定しているということなのか。

「スタッフに向けてエアガンを発砲」でも十分衝撃的であるが、ジャニオタは過去にもっととんでもないことをやったのはご存知だろうか。これについては後述する。

スポンサードリンク

ジャニオタ、元KAT-TUNメンバーにレーザービームや吹き矢を放っていたwwwww

KAT-TUNコンサートで2010年、赤西仁オタクが田中聖にレーザーポインタを照射。これに気付いた亀梨和也が本人に教えると、今度は亀梨を狙った。幸い大事には至らなかった。それから間もなく、今度は赤西仁が吹き矢で狙われている。幸い矢がそれたため赤西には被害はなかったが、代わりに田中に当たったという。

このようなジャニオタのせいで、まともなファンにも風評被害となっている。運営はそろそろ、ジャニオタ対策に本腰を入れるべきではないだろうか。

スポンサードリンク


follow us in feedly
 
カテゴリ:芸能
 

オススメ記事