太田啓子弁護士が「真空パック アダルトビデオ」で検索した理由 ロックバンドのCDジャケットが原因か

社会         


太田啓子弁護士が「真空パック アダルトビデオ」で検索して吐き気を覚え、これに性的に興奮するのは猟奇的と批判した。

それはさておき、なぜこのようなキーワードで検索したのだろうか。これでは太田啓子弁護士に特殊性癖があるようにしか見えないのだが・・・



太田啓子弁護士「真空パック アダルトビデオ」の検索結果にブチ切れwwww

太田啓子弁護士が「真空パック アダルトビデオ」で検索したのは、ロックバンド「バンドハラスメント」が10月4日にリリースするCDジャケットに関係しているようだ。

女性を真空パックに閉じ込め、息が吸えない数秒間をジャケットにしたもの。このジャケット対しては「女性を真空パックに閉じ込めるとか猟奇殺人犯とやってることが同じだぞ。恥を知れ」「ただただ気持ち悪い。性に対する尊敬の念を感じられない。表現として最悪。やめろ。ダセえ」などと批判が寄せられている。

一方、このジャケットがきっかけで真空パックに興味湧いたのか、太田啓子弁護士は「真空パック アダルトビデオ」で検索。しかし吐き気を覚えたと言って、あれに性的に興奮するのは猟奇的といちゃもんをつけた。

このツイートに対し、ツイッター上では以下のようなコメントが寄せられている。

「なんで検索したの?」

「特殊性癖に興味津々なんですねえ…」

「自分で検索して、騒ぐとか。アホかと そんな常識なくても弁護士って務まるの?」

「最近の弁護士は炎上商法しか頭にないのか」

「いつも特殊性癖のものばかり見てるっていう自己紹介」

「性癖くらい好きにさせてやれよ」



「真空パック アダルトビデオ」で検索した結果・・・

太田啓子弁護士同様、「真空パック アダルトビデオ」で検索してみると、とんでもない結果が出てきた。

グーグル画像検索より

なんと、裸の女性が袋の中に入れられているではないか。とても過激なため無修正では紹介できないが、とにかくやばいのは確かだ。

真空パックとはアダルトビデオのジャンルの1つで、布団圧縮袋などに女性を入れ、掃除機などで空気を吸って袋の中を真空状態にする。しばらくすると女性は酸欠で苦しみ始めるが、そのまま放置して、動かなくなったところで袋を切って蘇生させるという。ドMにはたまらないかもしれないが、一歩間違えばあの世行きだ。

こんなのを検索した太田啓子弁護士はそっちの気があるのだろうか。「美人弁護士が真空パックに入ってみた」などといった動画が出ないことを祈るばかりだ。




follow us in feedly
 

オススメ記事