成宮寛貴のコカイン場面の音声内容の動画をフライデーに求める声が殺到 公開しないのはなぜ?

         


フライデーの続報に俳優の成宮寛貴のコカイン場面の音声内容が掲載された。

しかし、掲載されたのは文字だけで、報道から3日経過した現在も動画共有サイトやフライデーの公式サイト上での公開はされていない。

音声を動画で出せば成宮の逮捕に一気に迫るのに、公開しないのはなぜか。

スポンサードリンク

成宮寛貴のコカイン場面の音声内容を求める声が殺到

9日発売のフライデーは、2日発売号で報じた成宮のコカイン疑惑の続報を報じた。

今回、新しく報じられたのはフライデーに情報提供したA氏の成宮はコカインを顔見知りに購入させていたこと、コカイン以外の違法薬物も使用していたこと、今でも危険ドラッグ好きが集まる六本木や西麻布のクラブに出入りしていることなどの証言や成宮との関係を断ち切るために告発に踏み切ったこと、そして、音声データの会話である。

以下、音声データの会話内容

A氏「ヒロキ、今日のどうだった?」
成宮「良かったよ~。美味しかったぁ、美味しかったぁ」
A氏「どうする? もう1個、欲しい?」
成宮「チャーリー? そうね……とりあえず……持ってきて」
A氏「なんでみんな『チャーリー』って言うの?」
成宮「ハハハ(笑)。みんなそういうふうに言うね」
A氏「めっちゃ(不思議に)思った」
成宮「Anyway、じゃあ、Let’s coming……待ってるよ」
A氏「なにが欲しいの?」
成宮「チャーリー」
A氏「……。1個?」
成宮「2個、2個、2個。えっと……1万4000円?」
A氏「ちゃんと立て替えてくれる?」
成宮「もちろん、もちろん。いま欲しいの。いまから、Can you come to……西麻布?」
A氏「うん……」

 

これらの事実が書かれているフライデー発売日の夕方、逃げるように成宮の芸能界引退が発表された。

これを受けて報道が事実と認められると思われたが、ネット上では「音声公開はよ」「音声文字に起こすんじゃなくて音声データを載せろよ」「音声データないと信じられないな」など音声の動画公開を求める声が殺到している。

スポンサードリンク

フライデーが動画を公開しない理由とは?

これについてはいくつか仮説があるとみられるが、順に解説していく。

1.音声動画もあるけど、次号以降に発表予定

フライデーは動画も確保しているけど、あえて温存している説。これは売上を伸ばすためで、次号予告に「今度は今月号で公開した音声の動画がみれるCDorサイト入力で見れるプロダクトコードを付属!」などとしておけば、爆売れする可能性があるというわけだ。週刊誌は一部でも部数を売りたいわけで、このように情報を小出しにしようと考えなくもない。

もしくは、ニコニコの有料コミュニティなどを作って、そこで公開とかもあるかもしれない。

 

2.実質、成宮側が負けを認めたので追及するのをやめた

今回の報道でも事実無根で訴訟するという方針だったら、次号で動画を公開してとどめを刺そうとしたが、この時期に芸能界引退&国外逃亡とほぼ認めたような感じとなり、これ以上は無意味と思い追及をやめた説。残りは警察に任せて、次のスクープに向けて準備か。

また、成宮の陰性は自前の簡易キットの結果によるもので、病院の尿検査や毛髪検査は拒否。これらの事実から成宮側はシロと証明できる証拠を何一つ持ってないので、このまま訴訟しても敗訴は確実。

 

3.音声データなんてない

実は音声データなんていうものはなく、文字部分も全て捏造説。

フライデーは過去に、嵐・大野智、嵐・二宮和也など熱愛報道に合成写真を掲載するなど多数の捏造をやらかしている。今年の週刊文春に対抗するために廃刊のリスクも顧みず、捏造してでも大スクープを狙おうとした可能性はある。

しかし、現状を見る限り成宮側は否定しているものの、無実を証明できる証拠は一切ないし、突然の引退と逃亡で、フライデー報道の信ぴょう性が高まっている。次も何か出せるならさらに真実味が出てくるだろう。

 

この中に正解があるかは不明だが、今回ばかりはフライデーが勝利とみられる。報道後、ツイッターでは成宮信者がフライデーに誹謗中傷のクソリプを送りまくっているが、果たして彼女らは事実だったらフライデーに謝罪するのだろうか。

【関連記事】

成宮寛貴、14年前のフライデーで新宿2丁目時代を報じられていたが、カミングアウトは嘘だった

成宮寛貴、フライデーの薬の噂にツイッターでさまざな説が浮上するも内容が斜め上だったwwww

成宮寛貴のフライデーのコカイン場面に別人説が浮上!?(画像あり) 写真のファッションにも注目が集まる

スポンサードリンク


follow us in feedly
 
カテゴリ:芸能
 

オススメ記事