【悲報】日野皓正が往復ビンタした中学生ドラマーの顔、名前、住所などの特定班が始動 殺害予告も寄せられる

         


ジャズトランペット奏者の日野皓正が、東京都世田谷区のコンサートで中学生ドラマーに往復ビンタをしていたことが週刊文春で報じられた。この事業を主催した区教委は体罰を認め、今後は改めるよう日野に要望。往復ビンタされた中学生ドラマーも自らの非を認めたうえで、今後もドリームジャズバンドに参加したいと話しているという。

しかし、この報道により日野皓正と中学生ドラマーが炎上。特に中学生ドラマーへの批判が殺到しており、顔や名前、住所といった個人情報を特定する動きが見られたり、殺害予告も寄せられている。



【文春】日野皓正が中学生ドラマーに往復ビンタ

記事によると

・世田谷パブリックシアターで8月20日、「日野皓正 presents “Jazz for Kids”」が実施。このコンサートで中学生の演奏が始まると会場は大いに盛り上がったが、アンコール後半のソロタイムで日野皓正が突然、ドラマを叩く男子中学生に歩みよって体罰を加えた

・週刊文春は、コンサートの模様を撮影した映像を入手。ドラムを叩く中学生の髪を引っ張り回した後、往復ビンタを浴びせる日野皓正の姿を確認している

・コンサート終了後、日野皓正から男子中学生に話しかけて、向こうも了解した。なお、教育委員会からは今回の件について委託先の「『せたがや文化財団」に日野皓正の行過ぎた指導についての対応を要望した

出展:http://bunshun.jp/articles/-/3929

週刊文春では全面的に日野皓正が悪いと報じられているが、実際はソロパートで中学生ドラマーがアドリブ演奏を長時間続けており、それを注意しても聞かなかったためスティックを取り上げたが、それでも手で叩き続けたので、やむを得ず往復ビンタしたというのが真相である。この件について中学生ドラマーも「しかられて当然」と反省し、そのうえで「今後もドリームジャズバンドに参加したい」とコメントしている。



日野皓正が往復ビンタした中学生ドラマーの特定班が始動 殺害予告も寄せられる

この件は中学生ドラマーの反省で収束すると思われたが、報道によりネット上で炎上。特に中学生ドラマーへの批判が殺到している。2chでは顔や名前、住所などを特定する動きもあり、特定を望む声が相次いでいる。

「このクソガキの特定はまだかよ?」

「特定されて人生のきびしさ、ジャズのきびしさを味わうといいよ」

「将来を潰してやりたいからはよたのむわ」

「皆が練習してきた全てを自分だけの我儘でブチ壊した最低のガイジ 特定はよ」

また、中学生ドラマーへの殺害予告と取れる書き込みも寄せられている。怖すぎだろ・・・

今回の件は日野皓正と中学生ドラマー両方に非があるが、中学生ドラマーは反省しており許していいのではないか。日野皓正や他のメンバーならまだしも、事件に全く関係ない第三者が親の仇のように叩いている現状に強く疑問を覚える。

【関連記事】

日野皓正の往復ビンタ事件の中学生と父親が言及「多くの人が誤解している部分がある」←だが、体罰は認める

日野皓正、会見で体罰を正当化して大炎上【往復ビンタ事件】

日野皓正が往復ビンタしたドラムの中学生に発達障害疑惑が浮上 その理由はこちら・・・




follow us in feedly
 
カテゴリ:社会
 

オススメ記事