【顔画像】井川雅崇の「四国こどもとおとなの医療センター」コラムがやばすぎる【女児の胸をなめたペ〇医師】

         


四国こどもとおとなの医療センターの小児科医師・井川雅崇が女児の胸をなめたとして強制わいせつ容疑で逮捕された。

井川雅崇とは一体どのような人物なのか。調べてみると、四国こどもとおとなの医療センターのコラムにとんでもないことを書いていたことが、わかった。



井川雅崇の逮捕報道

記事によると

・香川県警は24日、独立行政法人国立病院機構「四国こどもとおとなの医療センター」の小児科医師、井川雅崇容疑者(32)を強制わいせつの疑いで逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという

・逮捕容疑は7月24日午後3時半ごろ、入院していた女児(5)の胸などを、主治医として診察中になめた疑い

・県警捜査1課によると、女児は感染症治療のため入院。親が個室を離れた20~30分ほどの間に被害を受けたとみられる

この話題に対し、ネット上では以下のようなコメントが寄せられている。

「こりゃキモいレベル越えたね。社会復帰させたらダメよ」

「おいおい、保育士や教師だけじゃなく、小児科医にまで警戒しなきゃいけないのか。嫌な時代だ。。。」

「小児科医ならまだまだ余罪があるよ絶対、こんなことがしたかったから一生懸命勉強して小児科医になったんかな」

「医者とか教育者にロリコン多すぎない?こんなんじゃ保護者としては不安しかない」

「こんな事する為に、小児科医になったかと思うとゾッとします」

「舐めたのは胸だけですか? 余罪ありそうですね」



井川雅崇「昔から子供が(性的に)好きで、(女児に変態する)小児科医になりたくて医者になりました」

ロリコンというより、ペドフィリアの井川雅崇は一体どのような人物だったのか。調べてみると、佐賀大学医学部卒業後、広島西医療センターの研修医として勤務していたことが、わかった。

広島西医療センター公式ブログより

この2年後に四国こどもとおとなの医療センターの小児科医師として勤務することになるが、昨年に投稿されたコラムがやばすぎた・・・

「昔から子供が好きで、小児科になりたくて医者になりました」とあるが、井川雅崇からすれば「昔から子供が(性的に)好きで、(女児に変態する)小児科医になりたくて医者になりました」という意味だろう。このときすでに犯罪予告をしていたとは一体誰が予想できたのだろうか。また、「変な理由で2年間ほとんど小児に触れず」とあるが「変な理由」とは一体・・・?

「たくさんの子どもたちが笑顔でいられるよう誠心誠意頑張っていきたいと思います」←笑顔になったのは井川雅崇だけであり、女児は涙ながらに被害を訴えたわけだが・・・

井川雅崇のFB。妻より女児の胸の方がよかったのか?




follow us in feedly
 
カテゴリ:社会
 

オススメ記事