【詐欺】東京ローストビーフバーガー、「100%ビーフ」ではなく豚肉も使用していることが判明

         


マクドナルドで9日から販売されている「東京ローストビーフバーガー」が「ハムにしか見えない」などと酷評されている一方、「100%ビーフ」ではなく豚肉(ポーク)も使用していることが明らかになった。これは景品表示法違反に引っかかるのではないだろうか。

スポンサードリンク

マクドナルド「東京ローストビーフバーガーは100%ビーフです」←ポークも使われてんだけど・・・

マクドナルド公式サイトの「東京ローストビーフバーガー」商品説明欄には「ジューシーな100%ビーフ」などと書かれているが、実際には豚肉も含まれていることが、わかった。

ローストビーフなのに豚肉が入っているのは一体どういうことなのか。これでは「東京ローストビーフポークバーガー」ではないか!という冗談はさておき、ビーフが100%ではない商品を「100%ビーフ」と販売するのは景品表示法違反である。

そもそも、商品広告と実物が違いすぎるのも問題だ。広告はちゃんとローストビーフであるが、実物では安っぽいハムしか見えない。これに関しても景品表示法違反に引っかかるのではないだろうか。

広告ではうまそうなローストビーフが挟まっているが・・・

実物は安っぽいハムがあるだけ。ローストビーフはどこいった?

スポンサードリンク



follow us in feedly
 
カテゴリ:社会
 

オススメ記事