【殺戮の天使のアニメ化】キヨ「俺の実況も少しは力になれてると嬉しいな」

ゲーム・アニメ         


星屑KRNKRN(真田まこと)によるサイコホラーアドベンチャーゲーム「殺戮の天使」のテレビアニメ化が決定した。

これに対し、殺戮の天使を実況し、大きな知名度アップに貢献した最終兵器俺達のキヨがコメントしている。

スポンサードリンク

【殺戮の天使のアニメ化】キヨ「俺の実況も少しは力になれてると嬉しいな」

7月24日午後6時30分、最終兵器俺達のキヨがツイッター更新。以下のコメントを投稿した。

殺戮の天使、TVアニメ化決定おめでとう!
アニメ化は前から聞いてたんだけど実現するって凄いなー!俺の実況も少しは力になれてると嬉しいな
アニメは俺全く関係ないからな!ほんと迷惑になるから名前出すなよ!
俺の出番は殺天ドラマ化で女優とのキスシーンだ!これ実現するのが一番迷惑だな

キヨは殺戮の天使の実況動画をニコニコ動画とYouTubeに投稿。Part1の再生数はニコニコ動画:160万超、YouTube:81万超(いずれも7月25日現在)で、そのほかのPartも29万以上再生されており、大きな知名度アップに貢献した。また、昨年8月に発売された「殺戮の天使 公式ファンブック」にもインタビューが掲載された。

このツイートに対し、ファンから以下のようなコメントが寄せられている。

「ザックcvキヨじゃないんですか?w」

「キヨの実況で一番好きなやつだったからメチャクチャ嬉しいです……」

「女優(こーすけ)ならキスシーンしていいと思う」

「キヨさんの実況みてさつてん知りましたー!アニメ化嬉しいです」

「アニメではCVしなくても、ゲームでは全部CVしてますもんね!もう豪華すぎますわ」

「実写でキヨが出ると笑いが止まらなくなって死にそうなので嫌ですね。見てみたいですけど」

殺戮の天使 公式ファンブック / 真田まこと 【本】

スポンサードリンク

殺戮の天使とは

殺戮の天使は連載型自作ゲーム配信サイト「電ファミニコゲームマガジン」で公開されたサイコホラーアドベンチャーゲーム。記憶を失っている13歳の少女、レイチェル・ガードナー(愛称:レイ)と殺人鬼、アイザック・フォスター(愛称:ザック)とともに、ビルから脱出を目指す。

ストーリーはビル地下の最下層から開始。各フロアには謎解きやボスがおり、これを突破してエレベーターで最上階に行くことが目的となる。

ザックは最初、1面のボスとして登場。執拗にレイを追い回すが逃げられてしまい上の階まで追跡。しかし、ある行動をきっかけに裏切り者としてレイとともに追われる立場となる。そんなザックの能力を見込んでレイは「殺して」と懇願。一方ザックはビルから出ることを望んでおり、見事ビルから脱出できたら、その願いを叶えることを約束する。

レイは謎解き担当、ザックは障害物などの破壊担当。基本的にレイの操作となるが、終盤ではザックを操作する場面もある。

ゲーム本編は昨年2月に完結。昨年1月から漫画版も発売され、累計70万部超を突破。7月27日には最新5巻、「殺戮の天使 Episode.0」1巻が同時発売される。

スポンサードリンク


follow us in feedly
 

オススメ記事