ASKAの最新ニュースが消えたとネットで話題に 1回目の逮捕後の報道は圧力で減ったという噂

事件         



覚醒剤取締法違反(使用)で再逮捕された歌手のASKA容疑者の最新ニュースがあまり報じられなくなり「消えた?」とネットで話題になっている。

ASKA容疑者の1回目の逮捕後も報道が減ったが、これは同容疑者とともに逮捕された女が勤務していた企業の圧力と噂されている。

スポンサードリンク

ASKAの最新ニュースがあまり報じられなくなり消えたとネットで話題に

ヤフーニュースに掲載されているASKA容疑者の記事を見てみると、今月1日までは最新ニュースが各マスメディアで報じられていたが、2日以降から激減している。

2日以降に報じられた新情報は3日、スポニチアネックスのASKA容疑者は、壊滅したとされる東京・新宿の密売グループ「新宿の薬局」の残党から覚醒剤を入手していた可能性があるとして警視庁が捜査を進めているという報道のみ。

これ以外は松本人志や元光GENJI諸星&大沢など芸能人コメント、逮捕前に利用したタクシー映像のテレビ放送の問題、井上公造がミヤネ屋でASKAの新曲を無断公開した問題、ほか後追い記事など最新ニュースが全然報じられなくなった。

また、逮捕から1週間経過しているのにASKA容疑者の供述は「絶対にやっていない」「弁護士と会うまで話さない」以降、全く報道されていない。

すでに弁護士と会って、何かすらの供述をし始めてもおかしくないはずなのに報道がないということはASKA容疑者はそれでも何も話さないのか全面的に罪を認めたということなのだろうか。

スポンサードリンク

ASKAの1回目の逮捕後の報道はパソナグループの圧力で減った?

ネット上では、ASKA容疑者とともに逮捕された栩内香澄美容疑者はパソナグループの企業の秘書で、同グループの代表兼社長の南部靖之氏のお気に入り、かつ、ASKA容疑者も南部氏と親しかったという報道以来、会社側から圧力がかかったからと噂されている。

また、当時のASKA容疑者の弁護士に「東電OL殺人事件」で被告の再審無罪を勝ち取ったいう有能弁護士が担当することを受け、裁判沙汰を恐れて報道を控えたことや同容疑者が全面的に罪を認めたことで警察から情報が降りてこなくなった、その後にAKB48握手会傷害事件や2014FIFAワールドカップなどに世間の注目が行ってしまったというのも原因とされている。

今回の場合、パソナグループといった何らかの企業が絡んでいたり、敏腕弁護士がつくという情報はないことから現時点で圧力の可能性は低いとみられる。

これは憶測にすぎないが、2回目だしまたやることは皆わかっていたし、飽きてしまって需要が少なくなったから報道が減ったことや2日に成宮寛貴のコカイン疑惑がフライデーで報じられ、世間はそちらにシフトしたというのが原因とみられる。

【関連記事】

ASKAの新曲をミヤネ屋で公開の井上公造に批判殺到 著作権侵害と指摘相次ぐ

ASKAが再逮捕前に利用したタクシーが2chで特定!?(会社名あり) ドラレコの映像公開に批判の声

ASKA、目黒区東が丘1丁目の自宅に殺到したマスコミにベンツのエンブレムを破壊されるwwwww(写真あり)

ASKAこと飛鳥涼の最新のブログがおかしいとネットで話題に! 薬でまた逮捕とミヤネ屋報道を否定

スポンサードリンク


follow us in feedly