成宮寛貴、14年前のフライデーで新宿2丁目時代を報じられていたが、カミングアウトは嘘だった

芸能         


俳優の成宮寛貴のコカイン疑惑を報じたフライデーは、14年前に成宮が芸能界入りする前の東京・新宿2丁目時代を報じていたことが、わかった。

この報道について本人と事務所は認めているが、ネット上では成宮がカミングアウトしたという嘘が広まってしまった。

また、当時から危険な薬の噂があるともフライデーは報じていた。

スポンサードリンク

成宮寛貴、2002年末のフライデーで新宿2丁目のゲ〇バーにいたことや当時の薬の噂を報じられていた

成宮の黒歴史と言える新宿2丁目時代は、2002年12月のフライデーで『大河ドラマで注目!成宮寛貴が「新宿2丁目時代」を激白』のタイトルで報じられていた。

フライデーによると、成宮は中学のときに母親と死別し、弟と祖母の3人暮らしをしていたが、卒業前に家出。新宿2丁目にある「やおや」や「三蔵」などのバーで住み込みで働いていた。

バーでは「ひろしげ」と名乗っていて、美少年のルックスでパトロンを複数人抱え、ネット掲示板でも評判だった。

しばらくして、女優のかたせ梨乃に気に入られ芸能界入り。しかし、その後も2丁目に入り浸り、同性愛者の仲間達と遊んでいたという。

この事実について、成宮と事務所は本誌で認める。しかし、女性誌などでは必死に「女好き」とアピールし、若い女性と一緒にいるところを目撃されていたが、現場ではオネエ言葉で共演者の男性にすり寄るなどしていた。

また、港区・西麻布にあるドラッグ好きが集まるというクラブに成宮が何度か来ていたと当時から薬の噂があったという。

スポンサードリンク

成宮寛貴がカミングアウトしたというのは嘘だが、同性愛者は確実か

成宮は芸能界入りの前にバーに入り浸っていたことをフライデーで認めたが、自身はゲ〇orバイとカミングアウトはしていない。

しかし、芸能界入りしてからも同性愛者の仲間と遊んだり、共演男性にすり寄っていたという事実があることからカミングアウトしなくても同性愛者であることは間違いないとみられる。

成宮は過去にモデルの木村カエラ、女優の菜々緒、元AKB48の前田敦子、女優の山田優、韓国人女性との熱愛の噂があったが、いずれも交際には至っていない。

さらに、女性との噂は現場で仲が良かったなどいずれも仕事での話となっている(菜々緒はディズニーランドとプライベート)。一方、2丁目の同性愛者の仲間など男性とはいずれもプライベートの話となっており、本命はこちらの可能性がある。

しかし、前述の若い女性といたという報道やほか女性との噂、「女好き」アピールを考えると、女性に全く興味がないということはないとみられる。

【関連記事】

成宮寛貴、フライデーの薬の噂にツイッターでさまざな説が浮上するも内容が斜め上だったwwww

成宮寛貴のフライデーのコカイン場面に別人説が浮上!?(画像あり) 写真のファッションにも注目が集まる

スポンサードリンク


follow us in feedly
 

オススメ記事