【大阪店】グラブルカフェ運営の「株式会社レッグス」、コナンカフェでもやらかしていた【アルコール混入騒動】

社会         


「グランブルーファンタジーカフェ~シェロカルテの海の家~」(以下、グラブルカフェ)大阪会場・デラソウル シャルボン(以下、大阪店)で、ノンアルコールドリンクにアルコールを入れて提供していたことがSNS上の書き込みで発覚。グラブルカフェ運営の「株式会社レッグス」が謝罪した。

飲食店を運営していれば、このような事件はいずれ起こる。すぐに謝罪したのは好印象だが、問題はここからだ。なんと、「名探偵コナンカフェ in大阪」(以下、コナンカフェ大阪店)でも、あることをやらかしていたのだ。

スポンサードリンク

グラブルカフェ運営の「株式会社レッグス」、コナンカフェ大阪店でプラスチックスプーンを使い回していたwwww

コナンカフェは、3月30日~5月31日まで開催予定だったが、好評につき7月9日まで延長された。そんなところに事件は起こった。

ことは、開催3日目の4月1日。コナンカフェ大阪店で発生。プラスチックのスプーンに口紅がついていたとツイッター上に投稿。当時、取り替えてもらうよう店員に言ったが、水洗いした同じスプーンを提供。さらに一緒に店を訪れた友達のスプーンも傷だらけで、2杯目は同様に水洗いしたものが来た、カレーに立てる旗をレジ係が素手で組み立てていたなどがあったという。

大阪店の店員がやらかしたミスとは言え、責任は運営の株式会社レッグスにもある。しかし当時、同社は謝罪していない。ノンアルコールドリンクにアルコールを入れて提供よりかはましだが、こちらは衛生面に関わる問題。絶対にあってはならないことだが、2度に渡って水洗いしたスプーンを提供したところを見ると、確信犯の可能性もある。そもそも、プラスチックスプーンは使い捨てが常識であり、水洗いして使い回しは通常ありえないのだが・・・

株式会社レッグスはコナンカフェ、グラブルカフェと、短期間で2度も問題を起こしている。2度あることは3度あると言うし、また何かやらかす可能性がある。ちゃんと運営できないのであれば、コラボカフェからは手を引いてほしいものだ。

株式会社レッグス公式サイトはこちら

スポンサードリンク



follow us in feedly
 

オススメ記事