ヒアリ警察とは何者? 昆虫学を学んでいた中年男性の可能性

         


ヒアリ警察(@_Solenopsis)というツイッターが注目されている。このアカウントでは最近、日本各地で発見されているヒアリかどうかを判定してくれる。中の人は何者なのか定かではないが、ツイートから昆虫学を学んでいた中年男性の可能性が浮上している。

スポンサードリンク

ヒアリ警察とは何者?

ヒアリ警察のツイッターは7月5日に開設。フジテレビ系「みんなのニュース」やまとめサイトなどで紹介されたこともあり、フォロワーは既に2万人を超えている。このアカウントでは別のツイッターが投稿、もしくはリプライで寄せられたヒアリと思われる画像を判定。ヒアリではなかった場合、「ヒアリではありません。〇〇(例:ケアリの一種の女王アリです。)と訂正してくれる。多くの投稿やリプライは真面目なものであるが、中にはヒアリと全く関係ない画像を寄せる人もいるが、それにも対応している。

ツイッタープロフィールには、位置情報:南米ときどき外国、誕生日:1972年1月7日と書かれている。位置情報はヒアリの生息地で、誕生日はヒアリの学名「Solenopsis invicta」(ソレノプシス・インビクタ)が付けられた年であると思われる。ただ、後述するが、誕生日は中の人のものである可能性も考えられる。

ヒアリ警察アカウント

スポンサードリンク

ヒアリ警察は昆虫学を学んでいた中年男性? アニメ&特撮オタの可能性も

ヒアリ警察の中の人は素性は一切明らかになっていない。しかし、ツイートからある程度予想できそうだ。

まず、ヒアリ警察は豊富なアリ知識を披露している。このことから素人ではないのは確かであり、昆虫学を学ぶ学生、もしくは昆虫学者など考えられるが、後者は否定している。このアカウントは5日午後4時前の初投稿より、あまり間を空けることなく現在も更新されている。大きく時間が空いたのは夜~深夜、深夜~正午、正午~夕方の3パターン。これらの投稿時間は学生が暇なときであり、中の人は昆虫学を学ぶ学生説が上がったが、以下のツイートでその可能性はなくなった。

「ヒアリではありません。ひばりです。おじさんの若い頃は、まだご存命だったのですが。」

リプライには美空ひばりの画像が掲載されていた。美空ひばりが亡くなったのは、1985年6月と今から32年前。自身を「おじさん」とし、若い頃は存命だったということで現在は40~50代と想定される。ツイッタープロフィールの誕生日は中の人のものである可能性も浮上してきた。

ということは今は社会人と思われるが、それにしては更新頻度が早すぎる(7日午後9時で388)。ネットで生計を立てている、もしくは無職なのだろうか。豊富なアリ知識は若い頃に大学などで学んだ知識ということだろうか。せっかく知識があるのに職で生かさず、ネットだけでというのは宝の持ち腐れな気もするが・・・

また、アニメ&特撮オタでもあるのか、マニアックなリプライにも対応している(例:赤い個体もいますが、ヒアリではありません。80を観ていました(ウルトラマンシリーズ)、いまやキュウコンですら持っています(ポケモンのグラードン)、ヒアリではありません。コトリです。かわいい。付き合いたいです(ラブライブのことり))。

弓道警察や吹奏楽警察、東宝警察など〇〇警察系は、いちいち文句つけてくるため良い印象がないが、ヒアリ警察はどうか。今のところ不快になる投稿はなく、オタクネタなど守備範囲が広い面白いアカウントとして人気である。この先、他の害悪警察みたいにならないことを祈るばかりだ。

スポンサードリンク


follow us in feedly
 
カテゴリ:社会
 

オススメ記事