痴漢被害でっち上げた生田佑馬と女が逮捕→何故か女は名前が出ず批判殺到

         


痴漢被害をでっち上げ、警察に虚偽の申告をしたとして、生田佑馬と女が逮捕監禁と虚偽告訴の疑いで逮捕された。

2人は共謀しており、同じ容疑で逮捕されたのにもかかわらず、何故か女は名前が出ないうえ、即釈放されたのだ。

スポンサードリンク

生田佑馬とパート女の逮捕報道

朝日新聞によると、

・大阪府警は6月21日、同府茨木市のアルバイト・生田佑馬容疑者(21)と大阪市浪速区のパートの女(26)を逮捕監禁と虚偽告訴の疑いで逮捕したと発表(女は釈放)。生田佑馬は「弁護士がつくまで話すことはありません」と話している

・曽根崎署によると、5月22日夜、大阪市営地下鉄堺筋線の車内で京都市の男性(50)に女の胸などをわざと触らせた後、生田佑馬が男性の腕をつかんで取り押さえ、警官に虚偽の痴漢被害の申告をした疑いが持たれている

・生田佑馬は、女に「痴漢させて示談金をもらういい稼ぎ方がある」と持ちかけ、女がネット掲示板に「痴漢してもらいたい」と投稿。応じた男性に服装や乗っている車両を教えていた。男性が府警に「掲示板で知り合った女性と勘違いしました」などと話し、虚偽だと発覚。男性は翌日未明に釈放された

とのこと。

この話題に対し、ネット上では次のようなコメントが寄せられている。

「このくそ女の名前と写真も公表すべき」

「なんで女は名前も出ない? すでに釈放?もっと刑罰を重くしないと冤罪被害はなくならない」

「このパートの女(26)を釈放する意味がわからん! 痴漢の冤罪で死者や人生を台なしにされた人が大勢いるのだから、こういう輩は厳罰に処するべきだと思う!」

「なぜ一番の悪者の女の名前がでない?」

「男ばかり名前が公表されるのは差別ではないの?」

スポンサードリンク

甲南大生痴漢でっち上げ事件では女も名前出たのに・・・

今回と似たようなもので「甲南大生痴漢でっち上げ事件」というものがある。

08年2月1日、大阪市営地下鉄御堂筋線の車内で甲南大学4年・蒔田文幸(24)は、交際していた阪田真紀子(31)と共謀。堺市の男性(58)と阪田の肩が触れた後、蒔田が男性の腕をつかんで、警察に虚偽の申告をした。

男性は痴漢行為を否定したが、阪田は被害届けを出し蒔田も「痴漢を見た」と証言したため警察は府迷惑防止条例違反容疑で逮捕。しかし、当時の状況について蒔田と阪田の説明が食い違ったことなどから虚偽と分かり、翌日2月2日夕に釈放した。

事件から6日経って、阪田は「蒔田が示談金を取る目的で犯行を持ちかけてきた」と出頭。蒔田も約1ヶ月後に虚偽告訴容疑で逮捕。大学は退学処分にされ、同9月の裁判で懲役5年6月の実刑判決が下された。

生田佑馬とパート女の痴漢でっち上げも、これと大差ないのにもかかわらず、女は名前が出ず、即釈放されている。近年、電車内での痴漢被害が多発しており、多くの男性が被害に合っている。5月12日にも痴漢を疑われた男性が逃走の末、上野駅付近のビルから転落するという事故が起きている。電車内ではないが、俳優の小出恵介が17歳の江原ほのりにはめられ、所属事務所は示談金を支払うことになった。

いずれも男性ばかりひどい目にあっており、女側は悪事を働いていても名前が報じられない、逮捕されない、もしくは即釈放と甘すぎる。男性専用車両を作ることも重要だが、女側も虚偽の申告であれば逮捕して、実名報道&重罪を科すべきだ。

出展:http://ja.yourpedia.org/wiki/甲南大生痴漢でっち上げ事件

出展:http://ja.yourpedia.org/wiki/甲南大生痴漢でっち上げ事件

スポンサードリンク


follow us in feedly
 
カテゴリ:社会
 

オススメ記事