「警察24時」と交番盗撮した男性看護助手のYouTubeを特定 超過疎のチャンネルだったwwwww

社会         


「警察24時」と称して、交番内を盗撮した男性看護助手が軽犯罪法違反(業務妨害)容疑で書類送検された。

男性は盗撮した動画をYouTubeに投稿。動画はすでに削除されたが、本サイトの調査によりチャンネルを特定に成功した。

スポンサードリンク

交番を盗撮、「警察24時」と投稿 男性看護助手を書類送検の報道

朝日新聞によると、

・神奈川県警は6月20日、同県藤沢市の男性看護助手を軽犯罪法違反(業務妨害)の疑いで書類送検したと、発表。「再生回数を増やしたかった」と供述しているという

・藤沢署によると、4月7日午前0時35分から16分間にわたり、男性は藤沢駅南口交番内や周辺で、勤務中の警察官や通行人をスマートフォンで撮り、警察官に撮影を制止させるなどして業務を妨害した疑いが持たれている

・男性は「自宅までの道を教えてほしい」と言って交番を訪ねながら、住所を聞かれても答えず、警察官の応対の様子などを撮影し、「警察24時」とYouTubeに投稿。動画は4500回再生されたが、批判の書き込みが相次ぎ、閲覧できなくなっている

とのこと。

この話題に対し、ネット上では次のようなコメントが寄せられている。

「それは盗撮24時です」

「警察もヒマじゃないんだから」

「ちょっと考えれば小学生でもわかるような事がわからない奴が増えた」

「4500回(笑)」

「そこまでして再生回数を増やしてどうするの?←チェーンソーお兄ちゃんに憧れたんだよ!」

スポンサードリンク

交番を盗撮した男性看護助手のYouTubeは「総帥 心霊怪奇ラーメンTV」! チャンネル登録者数は95wwwwwwwwwwwwww

交番を盗撮した男性看護助手のYouTubeは、「総帥 心霊怪奇ラーメンTV」と、わかった。削除された動画は「【密着!警察24時】交番に終電を聞きに来たら逮捕寸前になる総帥!」のエントリー。動画説明欄には以下の記載があった。

場所は神奈川県藤沢駅前南口交番
警察官の職務執行法違反の証拠動画になります 容疑者でもない人間の腕を掴む、体を抑える等の職務質問は明らかに法令違反

「総帥 心霊怪奇ラーメンTV」は、2013年11月3日に開設。チャンネル登録者数は95の超過疎チャンネル(6月20日午後)。説明欄にはこのように書かれていた。

チャンネル名を心霊怪奇ラーメンクラブから心霊怪奇ラーメンTVに改め、心機一転して心霊スポット パワースポット
廃墟 秘境などを探検して行きます。その他、たまに自分んちの日常の動画もこれからやって行きたいと思います。 配信時間は不定期

開設から3年半以上経過も、チャンネル登録者数は95、総視聴回数は2万にも満たない。動画は見てないが、よっぽどつまらないのだろう。今年1月、ヤマト運輸にチェーンソーで突撃して逮捕された自称ユーチューバーより圧倒的に少ない数字である。

人気YouTuber・ラファエルがお気に入りなのか、ツイッターでは「ラファエル監視リツイート」と称した非公式リツイートのほか、先月に起きたラファエル顔バレ騒動の関連ツイートをリツイートしていた。

「総帥 心霊怪奇ラーメンTV」チャンネル

Tweezから

スポンサードリンク


follow us in feedly
 

オススメ記事