川口市で女子中学生が飛び降り自殺 通っていた中学校を特定

         


埼玉県川口市の交差点で、女子中学生が飛び降り自殺を図るというショッキングな事件が起きた。そんな彼女の通っていた中学校は一体どこだったのか・・・?



川口市の交差点で、女子中学生が歩道橋から飛び降り自殺

報道によると、

・5月5日午前8時20分ごろ、川口市の交差点で「10代の女性が倒れている」と119番通報があり、中学3年の女子生徒(14)がジャージ姿で血を流して倒れているのを発見。搬送先の病院で死亡が確認された

・現場の真上は歩道橋で、女子生徒の自転車とかばんが残されていた。争った形跡などもないことから、警察は女子生徒が自殺を図ったとみて調べている

・かばんから人間関係の悩みなどが書かれたノートが見つかったが、学校関係者は「いじめはなかった」と話している

とのこと。

学校側はいじめの事実を否定しているが、ネット上では「またイジメか」「イジメ濃厚」などいじめと疑う声、「自殺と報道するのは早計なような」「遺書もないのに、何で自殺と決めつける?」など自殺と決定するのは早計とのコメントが多数寄せられた。



川口市で、飛び降り自殺した女子中学生が通っていたのは北中学校!?

関係者と思われるツイッターから、飛び降り自殺した女子中学生が通っていたのは「川口市立北中学校」(埼玉県川口市道合364-2)と、わかった。また、北中学校にマスコミが来ていたり、北中学校の校長・瀧沢靖雄さんが女子生徒の家を訪れていたなど北中学校を名指ししたツイートが複数みられた。

北中学校の公式サイトから




follow us in feedly
 
カテゴリ:社会
 

オススメ記事