けものフレンズのMステ出演、予言されていたwwwww

エンタメ         


4月14日放送の「ミュージックステーション」(以下、Mステ)に人気アニメ「けものフレンズ」OPテーマ「ようこそジャパリパークへ」を歌うどうぶつビスケッツ×PPPの出演が発表された。

しかし、どうぶつビスケッツ×PPPの出演は以前から予言されていたことが、わかった。

Mステ公式サイトから

スポンサードリンク

けものフレンズのMステ出演、ニコ動で予言されていたwwwww

予言動画は、けものフレンズ8話「ぺぱぷらいぶ」ワンシーンをMAD化したもの。ペンギンアイドルユニット「PPP」のライブ目前にメンバーと喧嘩し、離脱したプリンセスの背中を押してライブへ参加させる感動的なシーンだ。

プリンセスがメンバーの待つステージまで歩くシーンで、本来けものフレンズのBGMが流れるところにMステテーマソングが流れ、Mステのマークが出現して「PPP。話題のペンギンアイドルが新曲を披露」と表示。曲が終わるタイミングでアニメ挿入歌「大空ドリーマー」が流れて終了する。

この動画が投稿されたのは3月15日。約1か月前に上げており、もはや予言と言えるのではないだろうか。コメント欄には「神託の予言者」「予言者すごーい」と称賛の声が寄せられている。

スポンサードリンク

けものフレンズのMステ出演はお茶の間凍るからやめての声殺到。タモリのコメントはどうなるか・・・

Mステ出演が決まり、予言も的中して盛り上がる中でお茶の間が凍るから出るのはやめてほしいとの声が相次いでいる。

金曜日のゴールデンタイムは子供やリア充、お年寄りの視聴者が大半。そんなところに萌えアニメの主題歌が流れたらどうなるか想像はつくだろう。

ここで1つ例を出そう。2015年12月4日放送で人気アニメ「ラブライブ!」のテーマソングを歌う「μ’s」が初出場したときだ。

当時、絢瀬絵里役・南條愛乃不在でライブ開始。μ’sの出番時はツイートが底上げされ、ツイッター上では大盛況だった。

しかし、会場は冷え切っており、出演者のジャスティン・ビーバーはμ’sを無視。MCのタモリも苦笑いを見せた。後に発表された視聴率も9.8%と10%を割った。

ラブライブでこの扱いということは、けものフレンズも同じ末路を辿る可能性が高いだろう。当日の出演者やタモリのコメントが気になるところだ。

μ’sのライブに苦笑いするタモリ

【関連記事】

東武動物公園とけものフレンズコラボ企画でコスプレに制限? 男性は〇〇禁止になる可能性

スポンサードリンク


follow us in feedly
 

オススメ記事